エンタメ

『いだてん』トータス松本、「頑張れ前畑!」絶叫しすぎて撮り直し

22日に放送されたNHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)の第36回は、前回から続き、ベルリンオリンピックでの激闘レースが描かれ、かなり胸アツの回となった。ついに上白石萌歌演じる前畑秀子選手が、平泳ぎで日本人女性初の金メダルを獲得し、感動の渦に包まれた。

【写真】上白石萌歌、7キロ増量の役作り

NHKのアナウンサー・河西三省役のトータス松本が、「前畑、頑張れ!」を熱狂しながら連呼しただけではなく、日本中が「頑張れ! 頑張れ!」と大興奮で応援するシーンがインサートされる。もちろん視聴者もテレビの前で熱い声援を送ったに違いない。そして前畑は、ドイツのマルタ・ゲネンゲル選手とデッドヒートを繰り広げ、遂に悲願の金メダルを手に。河西アナウンサー役のトータス松本に、この回の撮影秘話を聞いた。

――前回のロサンゼルスオリンピックでは実感放送しかできませんでしたが、ベルリンではようやく実況放送ができました。この回は河西アナにとっても見せ場でしたね。

今回から実況になったので、河西としては伸び伸びとできた感じです。スポーツやオリンピックスポーツ中継の進化をダイジェストで観られるのは、贅沢だと思いました。

――この回の撮影には、どんな想いで臨まれたのですか?

愛知県の屋外プールで撮影をしました。4泊くらいして、毎日プールに通いましたが、最終日に撮ったのがベルリンオリンピックの回でした。正直、気が気じゃなかったというか、一番気が重くて憂鬱で、楽しみ半分、嫌さ半分というか、それだけ、大役だというプレッシャーがすごかったです。

――「前畑、頑張れ!」という台詞は、どういう点を意識して言いましたか?

当時の実況を記録したレコードがあり、音源がネット上にも上がっているので、それを何回か聴きました。でも、同じようにやるのではなく、自分なりの「前畑、頑張れ!」をぶちかますしかないと思ったので、途中から聴くのをやめました。もともと河西さんとは声が全然違うし、トーンも違う。また、台詞上の「頑張れ!」の回数を含め、何から何まで違いましたから。

――阿部サダヲさん演じる田畑政治の声援も印象的でしたが。

すごかったです。阿部くんの声が横でうるさすぎて、僕自分の台詞がちゃんと言えない感じでした(苦笑)。カットがかかるたびに、阿部くんが「邪魔してすいません」と謝ってくれるんですが、「大丈夫、大丈夫」と言いながらも、彼のでかい声に翻弄されました。ただ、実際の田畑さんもそういうエネルギッシュな方だったみたいです。河西は田畑さんから絶大なる信頼を得ていて「この実況は河西さんしかできない」と言われてやるわけだから、力いっぱいやろうと思いました。

――今回、田畑さんが選手にプレッシャーをかけないようにと、河西アナに「『頑張れ!』と言っちゃダメだ」と言うくだりもありましたが。

そうなんです。「こら!『頑張れ!』って言うんじゃない」と怒られますが、途中で「もう、いいか」となって、田畑さん自身も『頑張れ! 頑張れ!』と言い出すのが、すごく面白かったです。

――前畑秀子役の上白石萌歌さんの泳ぎはいかがでしたか?

泳いでいる姿がすごくさまになっていました。ゲネンゲル選手と、わずかひとかき差でリードしている状態でずっと泳いでいくというお芝居をされているのもすごいことだなと。実際に目の前で、彼女が泳いでいるのを見て応援しているので、全身全霊で叫び倒すことができましたし、本当に「前畑、頑張れ!」と実況しているような錯覚に陥りました。絶叫に近い感じでしたが、たぶんそこが僕に求められている点かなと思ったので、自分のテンションを信じてやりました。

――「勝った! 勝ちました!」という台詞にぐっと来ました。

言葉がめちゃくちゃ反復して、変なことになっているんです。しかも最後に「ゴール!」と言わなあかんのに、興奮しすぎて言い忘れるんです(苦笑)。すごく冷静にならなあかん中で、とても冷静じゃいられないというせめぎ合いがあって。そこが人間味にあふれていてかっこいいなと思いましたし、名実況と言われただけのことはあるなと思いました。

――めいっぱい応援し切った感想を聞かせてください。

そのときは充実感や満足感、やりきった感がありました。でも、そのあとで冷静に見たり聴いたりしてみると、相当荒くて(苦笑)。実は後日、撮り直しをやりました。全然、ろれつが回ってないところがあったので。

――再撮をされたのですね!

再撮の日は、大根さんが怖い顔をしてやってきて「今日は厳しくいきます」と言われました。なんでそんなにプレッシャーかけるの? と、思ったのですが(苦笑)。大根さんは僕より2つ年下ですが、同世代だし誕生日が同じで親近感があり、いつも朗らかに接してくれていたんですが、この時ばかりは怖かったです(笑)。でも、再撮で仕上がったものは、全然違ったので、結果的には撮り直しをして良かったです。

■プロフィール

トータス松本(とーたす・まつもと)

1966年12月28日生まれ、兵庫県出身のアーティスト・俳優。1992年にロックバンド・ウルフルズのボーカリストとしてデビュー。ソロ活動も行い、ドラマ、CM、映画にも出演する一方で、執筆活動も行う。NHK大河ドラマは『龍馬伝』(10)に続いて2度目の出演となる。そのほかのドラマは『家族のうた』(12)、『スニッファー 嗅覚捜査官』(16)などに出演。

朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”前のページ

「監察医 朝顔」上野樹里“たった5秒の入浴シーン”に垣間見えたプロの矜持次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    広瀬すず、芸能界は「苦手意識が残っていた」 自身がスカウトした新人俳優に胸の内語る

    女優・松岡茉優が主演を務め松坂桃李が共演する映画『蜜蜂と遠雷』(10…

  2. エンタメ

    吉本 ミキのSNS発信は「ステマには当たらない」と見解発表

     吉本興業は30日、お笑いコンビ「ミキ」が京都市からの受託事業として…

  3. エンタメ

    佐藤仁美、細貝圭と結婚…交際約1年、仕事先などに正式報告 お相手はゴーカイジャー悪役

     8月に熱愛を報じられ、交際を認めていた女優の佐藤仁美(39)と俳優…

  4. エンタメ

    みそかつ「矢場とん」、超豪華声優でギャグアニメ化

    名古屋名物みそかつ「矢場とん」が、超豪華声優によりアニメ化された。1…

  5. エンタメ

    ソルリさん訃報だけじゃない…韓国芸能界、人気アイドルの自殺騒動が相次ぐ理由

     韓国だけでなく日本のファンにも衝撃が広がっている、韓国の女性グルー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ニュース

    パリ中心部の警察で男が警察官をナイフで襲う 4人死亡の報道
  2. オリジナル

    【新】修羅場をくぐったSOMPO櫻田社長の仕事哲学
  3. カジノ

    マカオの人口密度2万人に…埋立造成による面積拡大で5.2%減も香港や東京の約3倍…
  4. エンタメ

    「金ピカ先生」死す…カリスマ予備校講師の佐藤忠志さん68歳、自宅で
  5. エンタメ

    内山くんが“胃袋がっちり婚”ビヨンセ似で料理上手の6歳年下美人と
PAGE TOP