スポーツ

【ラグビーW杯】海外選手に“お辞儀の輪”広がる イタリア主将「大雨でも席立たないファンに感激」

花園でも“お辞儀ブーム”、敗戦ナミビアも四方へ90度の最敬礼「リスペクト示したかった」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、大阪・花園ラグビー場ではプールBのイタリア対ナミビアが行われた。途中、土砂降りの雨となるなど悪条件での試合は、イタリアが47-22で勝利。試合終了後には、両チームが客席に向かって深々とお辞儀をして挨拶し、ファンからスタンディングオベーションを受ける一幕もあった。

 ラグビー界に“お辞儀”ブームが生まれつつある。21日の南アフリカ戦の後、ニュージーランド代表がお辞儀で挨拶する姿が話題となったが、高校ラグビーの聖地、花園ラグビー場でも同様の光景が広がった。

 この日、史上3人目のW杯5大会出場を果たしたイタリアの主将セルジオ・パリセは試合後、日本式の挨拶を披露したことについて、目を輝かせながら説明した。

「お辞儀したのは、日本と日本のファンに対する感謝です。今日は途中から大雨が降ってきたのに、席を立つことなく80分間、試合を見続けてくれたファンに感激しました」

 九州付近を北上する台風17号の影響で、この日はキックオフから強い風が吹いていた。さらに、前半終了間際から小雨が降り始めると、後半が始まった頃には土砂降りの雨。その後、雨は止んだが、選手にとっても観客にとっても悪条件での試合となった。

 ナミビアのFBヨハン・トロンプも「日本に来て以来、本当に素晴らしいおもてなしをしてもらっている。試合でも大きな声援を送ってもらえた。それに対して、僕たちもリスペクトを示したかったんだ」と話した。

 ニュージーランド代表から火がついたお辞儀ブーム。ひょっとすると、このW杯は「お辞儀の大会」として世界のラグビーファンの記憶に残ることになるかもしれない。

【MLB】ダルビッシュ、8回まで1失点12K快投も…9回に2失点で逆転許し無念8敗目、地区V消滅前のページ

ラグビーW杯、食品持ち込みOK 飲料はこれまで通り禁止次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    東日本大震災の被災地・釜石で初開催のW杯 ウルグアイがフィジーを破る番狂わせ

    ◇ラグビーW杯1次リーグD組 ウルグアイ30―27フィジー(2019…

  2. スポーツ

    【西武】投打の柱が流出も、大逆転で2連覇達成!初首位から2週間足らずで一気に頂点へ

    ◆ロッテ4―12西武(24日、ZOZOマリンスタジアム)パ・リーグ首…

  3. スポーツ

    巨人阿部が今季限りで現役引退、今後は指導者の道へ

    巨人阿部慎之助捕手(40)が今季限りでの現役引退を決断したことが23…

  4. スポーツ

    新体操、日本が種目別ボールで金 世界選手権、団体で初

    新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権最終日は22日、バクーで非五輪…

  5. スポーツ

    笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛

    先週の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」会場で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    大坂なおみが日本国籍選択 来年の東京五輪に向け手続き/テニス
  2. ニュース

    台風19号 今夕上陸 運休、東京駅閑散 観光客ら帰宅急ぐ
  3. オリジナル

    【佐久間洋司】VTuberの「人格」はどこにあるのか?
  4. ニュース

    甚大な被害 台風19号 74人死亡 55河川で決壊 全容は不明
  5. オリジナル

    【正念場】寝具界の革命児・キャスパーが打ち出す「次の一手」
PAGE TOP