スポーツ

【ラグビーW杯】海外選手に“お辞儀の輪”広がる イタリア主将「大雨でも席立たないファンに感激」

花園でも“お辞儀ブーム”、敗戦ナミビアも四方へ90度の最敬礼「リスペクト示したかった」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、大会3日目を迎え、大阪・花園ラグビー場ではプールBのイタリア対ナミビアが行われた。途中、土砂降りの雨となるなど悪条件での試合は、イタリアが47-22で勝利。試合終了後には、両チームが客席に向かって深々とお辞儀をして挨拶し、ファンからスタンディングオベーションを受ける一幕もあった。

 ラグビー界に“お辞儀”ブームが生まれつつある。21日の南アフリカ戦の後、ニュージーランド代表がお辞儀で挨拶する姿が話題となったが、高校ラグビーの聖地、花園ラグビー場でも同様の光景が広がった。

 この日、史上3人目のW杯5大会出場を果たしたイタリアの主将セルジオ・パリセは試合後、日本式の挨拶を披露したことについて、目を輝かせながら説明した。

「お辞儀したのは、日本と日本のファンに対する感謝です。今日は途中から大雨が降ってきたのに、席を立つことなく80分間、試合を見続けてくれたファンに感激しました」

 九州付近を北上する台風17号の影響で、この日はキックオフから強い風が吹いていた。さらに、前半終了間際から小雨が降り始めると、後半が始まった頃には土砂降りの雨。その後、雨は止んだが、選手にとっても観客にとっても悪条件での試合となった。

 ナミビアのFBヨハン・トロンプも「日本に来て以来、本当に素晴らしいおもてなしをしてもらっている。試合でも大きな声援を送ってもらえた。それに対して、僕たちもリスペクトを示したかったんだ」と話した。

 ニュージーランド代表から火がついたお辞儀ブーム。ひょっとすると、このW杯は「お辞儀の大会」として世界のラグビーファンの記憶に残ることになるかもしれない。

【MLB】ダルビッシュ、8回まで1失点12K快投も…9回に2失点で逆転許し無念8敗目、地区V消滅前のページ

ラグビーW杯、食品持ち込みOK 飲料はこれまで通り禁止次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    「4年前は失敗。浮かれていた」競泳世界王者・瀬戸大也が捨てた甘え〈週刊朝日〉

    2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する「2020の肖像」…

  2. スポーツ

    【西武】投打の柱が流出も、大逆転で2連覇達成!初首位から2週間足らずで一気に頂点へ

    ◆ロッテ4―12西武(24日、ZOZOマリンスタジアム)パ・リーグ首…

  3. スポーツ

    巨人完敗でセDH制導入論再燃?ソフトバンク4連勝で「パ高セ低」の現実くっきり

     プロ野球は23日、ソフトバンクが巨人を破って3年連続の日本一に輝き…

  4. スポーツ

    錦織圭、睡眠のこだわり明かす 「部屋は真っ暗」 寝れない時は…「しりとり」

    男子テニスで2016年リオ五輪銅メダルの錦織圭(29)=日清食品=が…

  5. スポーツ

    ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了

    <ラグビーW杯:ウェールズ29-25オーストラリア>◇29日◇味の素…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【核心】GAFAとは違う。なぜ「カナダのAI」が頼られるのか
  2. ニュース

    金正恩委員長、白馬で白頭山に登頂 北朝鮮メディアが写真公開
  3. ニュース

    台風死者、12都県80人に 住宅被害、5万6千棟超
  4. ニュース

    河井法相が辞表提出 妻陣営の公選法違反疑惑で
  5. スポーツ

    大坂なおみのラッパー恋人 全米オープンもお忍び応援していた
PAGE TOP