スポーツ

さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指していた阪神横田慎太郎外野手(24)が22日、西宮市内の球団事務所で会見し、今季限りでの引退を表明した。13年ドラフト2位で入団し、3年目の16年に開幕スタメンで1軍デビュー。将来の主軸と期待されたが、17年2月に病気が判明。半年間の闘病から復帰し、18年には育成契約を結んで再起を目指してきた。後遺症による視力への影響で、涙ながらに引退を決断した。

背番号124のユニホーム姿で会見に臨んだ横田。表情は凜(りん)と、勇ましかった。「今シーズンでユニホームを脱ぐことを決めました。自分の決めたこと。全く後悔はありません」。闘い抜き、やりきって下した決断だった。

プロ3年目の16年開幕戦に2番中堅でデビュー。大型外野手として期待されたが、17年2月のキャンプ中に脳腫瘍が判明した。半年間の闘病後、症状が消えて安定した状態となる「寛解」と診断された。18年には育成契約を結び、リハビリの日々を送ってきた。ただ、後遺症で球が二重に見え、打撃と守備で影響があった。「1球もボールがきれいに見えなかった。毎日、苦しかったですし、これが来年も一緒だったらと。もう本当につらかったので、自分で(引退を)お願いしました」と明かした。

また、大病を宣告された当時を「頭が真っ白になり今後、野球ができるのか不安ではありました」と振り返り、それでも応援してくれるたくさんの人の存在に「感謝しかありません」と言葉にした。

ここまで支えてくれた両親への思いを問われると、涙がほほを伝った。治療薬の副作用で髪が全部抜けた際「お父さんが鹿児島から、髪を丸刈りにして部屋まで来てくれた」「お母さんも仕事を辞めてまで、こっちに来てくれた」。15時間にも及ぶ大手術の後は視力が回復せず「トイレに行くにも、ご飯を食べるにも、見えないので両親の手がないといけない。本当に毎日『何をしてるんだ』と思いながら自分は入院していました。最後こうやって野球できたのは本当に素晴らしい両親のおかげ。感謝の気持ちしかありません」。目頭を押さえ、思いを伝えた。

球団から今後について話をもらっており「しっかりもう1回、両親と考えていきたい」。同じ病気で苦しむ人たちへの言葉を求められると、涙を拭って言った。「何らかの形で、少しでも良いところを見せられるように」。横田は胸を張って、第2の人生を歩み出す。

マカオ、19年8月の総合消費者物価指数対前年2.83%上昇の116.41…上昇幅は前月から0.23ポイント拡大前のページ

阪神退団公表の鳥谷 今季初甲子園のお立ち台「懐かしい感じがします」【ヒーローインタビュー】次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    世界がきゅん♥ 「紳士」なラグビー選手たち

     ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日…

  2. スポーツ

    清原氏「薬物後遺症も」希望は野球/インタビュー1

    僕にはやっぱり野球しかない。覚せい剤取締法違反で有罪になり、執行猶予…

  3. スポーツ

    真凜 練習で涙も「最後までやり抜きたい」22日に衝突事故…痛みに耐え出場決断

     「フィギュアスケート・スケートカナダ」(25日開幕、ケロウナ)…

  4. スポーツ

    暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か

    「陸上・世界選手権」(27日開幕、ドーハ)東京も人ごとではな…

  5. スポーツ

    西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ

    西武・秋山翔吾外野手(31)が今オフに海外フリーエージェント(FA)…

  6. スポーツ

    東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響

    東日本大震災の被災地で唯一、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ニュース

    生活再建、長期化の見通し=インフラ復旧難航-死者74人不明15人・台風19号
  2. エンタメ

    高橋真麻 もう二世帯同居開始!新婚1年決断にあった父の悲願
  3. ニュース

    河野防衛相「私は雨男」と発言 台風被害の自衛隊派遣
  4. スポーツ

    大坂なおみが日本国籍選択 来年の東京五輪に向け手続き/テニス
  5. エンタメ

    「鬼滅の刃」が舞台化!2020年1月に上演
PAGE TOP