スポーツ

さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指していた阪神横田慎太郎外野手(24)が22日、西宮市内の球団事務所で会見し、今季限りでの引退を表明した。13年ドラフト2位で入団し、3年目の16年に開幕スタメンで1軍デビュー。将来の主軸と期待されたが、17年2月に病気が判明。半年間の闘病から復帰し、18年には育成契約を結んで再起を目指してきた。後遺症による視力への影響で、涙ながらに引退を決断した。

背番号124のユニホーム姿で会見に臨んだ横田。表情は凜(りん)と、勇ましかった。「今シーズンでユニホームを脱ぐことを決めました。自分の決めたこと。全く後悔はありません」。闘い抜き、やりきって下した決断だった。

プロ3年目の16年開幕戦に2番中堅でデビュー。大型外野手として期待されたが、17年2月のキャンプ中に脳腫瘍が判明した。半年間の闘病後、症状が消えて安定した状態となる「寛解」と診断された。18年には育成契約を結び、リハビリの日々を送ってきた。ただ、後遺症で球が二重に見え、打撃と守備で影響があった。「1球もボールがきれいに見えなかった。毎日、苦しかったですし、これが来年も一緒だったらと。もう本当につらかったので、自分で(引退を)お願いしました」と明かした。

また、大病を宣告された当時を「頭が真っ白になり今後、野球ができるのか不安ではありました」と振り返り、それでも応援してくれるたくさんの人の存在に「感謝しかありません」と言葉にした。

ここまで支えてくれた両親への思いを問われると、涙がほほを伝った。治療薬の副作用で髪が全部抜けた際「お父さんが鹿児島から、髪を丸刈りにして部屋まで来てくれた」「お母さんも仕事を辞めてまで、こっちに来てくれた」。15時間にも及ぶ大手術の後は視力が回復せず「トイレに行くにも、ご飯を食べるにも、見えないので両親の手がないといけない。本当に毎日『何をしてるんだ』と思いながら自分は入院していました。最後こうやって野球できたのは本当に素晴らしい両親のおかげ。感謝の気持ちしかありません」。目頭を押さえ、思いを伝えた。

球団から今後について話をもらっており「しっかりもう1回、両親と考えていきたい」。同じ病気で苦しむ人たちへの言葉を求められると、涙を拭って言った。「何らかの形で、少しでも良いところを見せられるように」。横田は胸を張って、第2の人生を歩み出す。

マカオ、19年8月の総合消費者物価指数対前年2.83%上昇の116.41…上昇幅は前月から0.23ポイント拡大前のページ

阪神退団公表の鳥谷 今季初甲子園のお立ち台「懐かしい感じがします」【ヒーローインタビュー】次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    ロッテ福浦、超美技で現役に幕… ダイビングで引退試合締め「皆さんの声援が力に」

    7番DHで先発→9回に一塁の守備へ 打席は遊ゴロ、投ゴロ、右飛、捕飛…

  2. スポーツ

    DeNA、2位確定で2年ぶりCS進出決定! 中日はCS逃し、7年連続Bクラス決定

    ◇セ・リーグ DeNA7―1中日(2019年9月24日 ナゴヤD)…

  3. スポーツ

    巨人完敗でセDH制導入論再燃?ソフトバンク4連勝で「パ高セ低」の現実くっきり

     プロ野球は23日、ソフトバンクが巨人を破って3年連続の日本一に輝き…

  4. スポーツ

    【バレー】日本、石川真佑が流れを変えるもブラジルにストレート負け W杯2019女子

    ワールドカップバレー2019女子大会は24日、札幌市北海きたえーるな…

  5. スポーツ

    伊調馨がコメント「選手・指導者として力尽くす」

    レスリング女子の伊調馨(35)が24日、所属のALSOKを通じ注目さ…

  6. スポーツ

    貴景勝、失意の一番で再び負傷か 左胸付近痛め「切れてる。やべぇ、最悪や」

    貴景勝は優勝決定戦で力尽きた。約4カ月ぶりの土俵に上がって15日間を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    ミス・ジャパン女王の土屋太鳳の姉が激白「バッシングには傷ついたけど、前向きに…」…
  2. エンタメ

    ムーディ勝山が月収ゼロ告白 リングで反社と決別宣言
  3. エンタメ

    「鬼滅の刃」が舞台化!2020年1月に上演
  4. エンタメ

    遠藤久美子が第2子を出産 夫・横尾初喜氏が報告「超安産!」
  5. スポーツ

    【MLB】ダルビッシュ、契約破棄せずカブスに残留する意思示す 地元紙が伝える
PAGE TOP