オリジナル

アロマテラピストからCEOに。異色のシングルマザーの「仕事を選ぶ基準」

2019/9/21最初の一歩は新聞配達20代でベンチャーのCEOに就いた女性は、日本にどれぐらいいるのだろう。今の時代、決して珍しくはないのかもしれない。しかし、「人類を救う」という壮大なミッションを掲げるベンチャーの創業者からCEOを託された、子ども2人を育てるシングルマザーは1人しか思い浮かばない。ロシアで45年間、1100世代交配させて生み出されたスーパーエリートのイエバエを使って「世界の食糧危機の解消、地球の抱える環境問題の解決」に挑んでいる異色のベンチャー、ムスカ。今年4月、創業者の串間充崇が代表取締役会長からファウンダー兼取締役会長に退いたタイミングで、代表取締役CEOに就任したのが流郷綾乃(りゅうごう・あやの)29歳だ。「断るのが苦手で、流れに身を任せていたらここまできてしまった感じで」と苦笑する彼女の歩みは、とにかくユニーク。仕事をして稼ぐ、という意味でキャリアを捉えると、最初の一歩は新聞配達からスタートした。高校時代、「海外留学したい」と思っていた流郷は、卒業後、生まれ育った大阪から上京し、アメリカのカレッジの日本校に通い始めた。ひとり親の母に負担をかけないために、新聞配達の奨学金制度を利用して、その学費や生活費を自分で稼いでいた。卒業したらアメリカの大学に行くつもりだった。「学校が1年制だったので、勉強がすごくハードでした。それで、朝2時に起きて朝刊を配達して、学校に行った後、夕刊を配達して、帰宅してから勉強をしていたので、毎日2、3時間しか寝ていませんでした。その頃は、とにかくがむしゃらでしたね」

アロマテラピストから企画営業にしかし、祖母の死をきっかけに気持ちが変わる。物心つく前から自他ともに認める「おばあちゃん子」だった流郷だが、東京では日々の生活に追われて、祖母が苦しんでいる時に帰郷してお見舞いに行ったり、最後に看取ってあげることもできなかった。祖母が亡くなった後、「なにもおばあちゃんの助けになることができなかった。自分のことだけしか考えてなかったな」という強い後悔に襲われた。このまま1年で学校を終えて留学をするとなれば、金銭的にも家族に頼らざるを得ない。祖父も体調を崩しているタイミングで、「それはちょっと違うだろう」と進路を切り替えた。「自分に余裕がないと、誰も守れない。手に職をつけて、自分の力で仕事がしたい」と考えた流郷が次に目指したのは、アロマテラピスト。祖母の死をきっかけに、精神的につらい思いをしているような人をサポートしたいという思いもあった。関西に戻ると、アロマの販売をしながらトリートメントを学べる仕事に就いた。特に妊婦のケアをするマタニティーアロマにやりがいを感じて、熱心に勉強したという。この頃、流郷も出産し、娘を授かった。それからしばらく仕事を休んだのち、今度はOA機器やソフトウェア、セキュリティー機器の販売会社に入社した。その当時の結婚相手が自営業だったため、「生活の安定と社会保険を確保したかった(笑)」と振り返る。しかし、アロマをあきらめたわけではなかった。ここでアロマのスキルを生かそうと考えたのだ。その会社のクライアントは、6~7割が介護事業所だった。当時、介護事業所で高齢者の加齢臭や排せつ物の「匂い」が問題になっているというニュースを見ていた流郷は、アロマを使えるかもしれないと考えた。介護事業所にアロマディフューザーを販売し、匂い対策などになる精油を定期的に納めれば、会社の収益も安定する。面接の際、背景を説明した後に「アロマを生かした空間ビジネスはどうですか?」と提案すると、社長は「面白い! 新規事業でやろう!」と喜び、即採用。新規事業担当に抜擢された。2013年、23歳の時のことである。営業が嫌いで、PRを学ぶ

それからが、大変だった。初めて企業で働くことになった流郷は、事業計画書の書き方も知らない。インターネットや書籍を参考にしてなんとか書き上げたが、いざ、アロマの事業を始めると、致命的なことに気が付いた。「私、営業が嫌い……」社員数十名の中小企業だったから、アロマ事業の担当者は流郷だけだった。介護事業所に電話をかけてアポを取り、営業するのも自分しかいない。それなのに、うまく売り込めない。電話をかけるのも苦痛だった。その時、考えた。向こうから問い合わせがくれば、営業をしなくて済む。流郷は社長に頼み込んで、2日間のPRセミナーに参加した。そこではリリースの書き方、「投げ込み」と呼ばれる記者クラブにプレスリリースを提供する方法、メディアとのネットワークの作り方など、広報のイロハを教わった。そこで彼女が「なるほど!」と納得したのは、広報は広告と違うという説明だった。そこで学んだのは、「広報には社会性が重要」という話だった。名もない企業が新製品や新サービスを出して、「うちのはすごい!」とアピールしても、メディアが取り上げる理由はない。「新聞やテレビを見ている人が、どんな人なのか。そこから逆算して考えないといけない」と教わって、さっそく実践した。「今のアロマがどういう状況にあって、アロマとか香りのビジネスがどう動いているのか、アロマの効用や活用のされ方などを記したうえで、関西で香りビジネスを手掛けている企業の情報を集めました。そのなかに自社のサービスも入れて、セミナーの交流会で知り合った記者の方に送ったんです」間もなくして、「関西の香りビジネス」を特集した記事が、日経新聞の関西ローカル面に大きく掲載された。その反響は想像以上だった。会社に「そんなことも始めたのか」「1回、話を聞かせてほしい」という連絡が続々と届いたのだ。ほかのメディアにも取り上げられて、問い合わせが急増。そこから実際の取引につなげるのも流郷の仕事だったが、興味を持っている人に話をするのはつらくなかった。契約が立て続けに決まり、流郷は「PRって大切なんだな」と実感したという。

写真:marrakeshh/istock.comハローワークで仕事を探す直前に…この会社で2年間働いた後、企業の採用活動を支援するベンチャーに転職した。転職の理由は「後任ができたことと、新しいことにチャレンジしたくなったことです。当時男性ばかりの会社だったので、その反動のように女性ばかりのベンチャーって面白そうと思って」。そこはまだ社員数人だったので、やることは多岐にわたった。そのなかで、流郷は学生と一緒にイベントを作る仕事が多かった。もちろん、そのイベントをメディアに取り上げてもらうためのPRも含まれる。ここでも、流郷はユニークな企画の一翼を担った。企業の人事担当者と学生の運動会を、大阪の有名ホテル「堂島ホテル」で開催したのだ。学生のなかに企業の人事担当者を交ぜたチームを作っての対抗戦。ホテルのなかで、学生と人事担当者が二人三脚で駆け回るなどして、「めちゃくちゃ盛り上がりました」。この企画のリリースを出したところ、無名のベンチャーのイベントに、メディアが8社も取材に来たそうだ。このような仕事を通して、流郷は2つのことを学んだという。ひとつは、規模が小さい企業ほど、うまくPRをできるか、できないかでその後が大きく変わる。言い換えれば、PRが及ぼす影響力が大きい。もうひとつは、PRによって外側から勢いがあるように見られることで、内側の士気が上がること。士気が上がることによって、パフォーマンスもよくなる。それもPRの大きな意義のひとつだと感じた。流郷が働き始めて1年半ほどの間、まさにPRの力もあってこのベンチャーはとんとん拍子に成長していたが、東京進出を機に退職した。この頃、流郷は2人の子どもを抱えるシングルマザーになっていて、母親に子育てをサポートしてもらっていたという事情もあった。転職は一度経験していたので特に残念に思うこともなく、「さて、ハローワークに行って仕事を探さないと!」と気持ちを切り替えていた。その時期に、前職を通して付き合いがあった2社から同時に「それなら、うちに来ない?」と声をかけられた。え、そんなことあるの? と驚いた流郷は、なんと返事をしたらいいのか迷いに迷って、自宅でググった。「2社で働く」すると、「フリーランス」というキーワードに当たる。フリーランスという言葉は知っていても、どんな存在なのか、どういう働き方をしているのか知らなかった流郷は、さらにググり続け、「業務委託」という方法を知る。売れっ子になったはいいけれど「断るのが苦手」な流郷は、これだ! と思った。フリーランスとしてどちらも仕事も引き受けることができれば、万事、うまく収まる。思い切って、誘ってくれた2社の担当者に話をすると、快く受け入れてくれた。こうして、2015年、26歳でフリーランスPRとして歩み始めた。もし、先にハローワークで仕事が決まっていたら、流郷は今もどこかの企業で会社員をしていたかもしれないのだから、人生とは一寸先も読めないものだ。最初に就職する際、「生活の安定と社会保険」を求めた流郷だが、フリーランスになることに抵抗はなかったのだろうか?「正社員の時と比べて給料が少しだけ上がったので、一社で働くのも、フリーで働くのもぜんぜん何も変わらないと思っていました。仕事を始めてから、請求したり、確定申告をしたり、フリーだと自分でいろいろやることがあって、大変なんだなと気づいたんですよ。しばらくしてから、やっぱり会社勤めっていいなと思ってましたね(笑)」フリーランスならではの煩雑な事務作業には辟易していたものの、当時フリーランスの広報は珍しかったので、仕事は順調だった。クライアントのために、きちんと戦略を練ったうえでプレスリリースを出すというのが主な業務で、PRのノウハウのない中小企業から高く評価された。あちこちの企業を紹介され、あっという間に15件のプロジェクトを抱えるようになった。東京での仕事も増えて、関西と行き来するようになった。これで一気に広報の専門家として独り立ちしたが、「頭がおかしくなりそう」なほど忙しくなって、子育てにまったく関われなくなった。その当時、まだ働いていた母親に、「お母さんの分も稼ぐから」と仕事を辞めてもらい、子育てに専念してもらうことにしたが、毎日のように締め切りを抱えて、子どもの運動会にも行けなくなった時、ふと我に返った。「こんな働き方は望んでない。もっと子どもと時間を過ごしたい。それに、もし私がいなくなったら、クライアントは広報ゼロになっちゃう。それって違うんじゃない?」良くも悪くも広報の影響力を知っているからこそ、自分ひとりに依存することの危険を感じた。仕事に追われると、じっくり戦略を考えることもできなくなる。そうして良い結果が出なければ、自分の評価も下がるし、企業の広報としても価値がなくなる。この悪循環を抜け出すために、クライアント向けにPRのコンサルティングを始めた。クライアントの社員に広報のノウハウを指導し、単なる広告にならないように配慮しながらリリースのたたき台を作るなど、最低限の作業を自社でできるようにと考えたのだ。このタイミングで料金を上げたことでクライアントの数が減り、綱渡りをしているような生活も落ち着いた。気づけば、あっという間に2年が過ぎていた。

ムスカ創業者との出会い

付き合いのあった企業を通して、流郷がイエバエベンチャー、ムスカの創業者、串間と知り合ったのは、2017年の11月だった。「PRを手伝ってほしい」という依頼だったので、ムスカの事業について、詳しくヒアリングした。その時、流郷は人生を懸けようと思える事業に出会った。ムスカと串間について、少し説明しよう。ムスカの社名は、生ごみや動物の排せつ物の周りをブンブン飛んでいるあのハエ、イエバエの学術名「ムスカ・ドメスティカ」に由来を持つ。ムスカの唯一無二の資産は、ロシアで約半世紀、1200世代交配させて生み出されたスーパーエリートのイエバエだ。

提供:ムスカこのハエは、尋常ならざる力を持つ。日本各地で家畜の排せつ物や食料残さといった有機廃棄物の堆肥化事業が行われているが、通常、堆肥化するのに2、3カ月を要する。ところが、このハエの幼虫は同じ量を1週間で食べ尽くす。その幼虫が排せつしたフンは、高品質の有機肥料になる。さらに、丸々と太った幼虫を回収して乾燥させると、栄養価の豊富な飼料になる。従来、家畜や養殖魚が食べる飼料は魚粉が使われていたが、人口増加と肉食文化の浸透で魚粉が不足し、高騰している。その代替になりうるのが、イエバエの幼虫だ。ムスカのイエバエは狭い空間でも繁殖力が高く、成長も早いため、魚粉より費用対効果が高い。その結果、海洋資源を守ることにもつながる。このスーパーエリートイエバエは、もともと旧ソ連の科学者が、生み出した。火星探査を計画した時、当時片道2年かかるとされていた宇宙船のなかで自給自足することを前提に、有機廃棄物の処理、肥料、人間用の食料として一匹三役を担う存在と考えられていたのだ。旧ソ連が崩壊し、政治経済が混乱するなかで、旧ソ連研究者のテクノロジーを購入して販売する事業を営んでいた小林一年という人物が、このイエバエの存在を知って驚嘆し、買い取って日本に持ち帰った。そして、有機廃棄物を肥料と飼料に変え、野菜や家畜を育てる循環型のエコビレッジを作り始めた。

イエバエを飼料化したもの。提供:ムスカ仕事を選ぶ基準23歳の時、テレビでこの取り組みを知り、居ても立っても居られなくなって勤めていた中部電力を翌日に辞め、小林に「働かせてください」と頼み込んだのが、串間だ。小林が経営していた会社フィールドに入社を認められた串間は、小林とともにロシアに買い付けに行くなどして一番弟子になった。その過程で、「このイエバエは人類を救う」と確信。小林亡き後、イエバエを託された串間は、経営が苦しくなった時、自分のマンションや車を売り、金融機関のみならず家族、友人、知人から総額1億円にも達する借金を重ねながら、「いつか、人類に必要とされる時が来る」とイエバエを守り続けた。

イエバエの卵。提供:ムスカ雌伏の時を経て、2015年に国連が「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げ、国内外でサステナビリティや循環型社会についての意識が急激に高まり始めたことで、串間に追い風が吹いた。大手企業が、ムスカのイエバエに注目するようになったのだ。そのタイミングで流郷に声がかかった。串間からイエバエを巡るストーリーを聞いた流郷は、こんな人がいるのか、こんな事業があるのかと驚いた。「先代の遺志を引き継いでイエバエを守り続けてきた歴史だとか、自分の生活を犠牲にしても命のバトンをしっかりとつないできた熱い思いにすごく感動しましたね」「断るのが苦手」な流郷は、フリーランスになってからひとつの判断基準を設けた。「うちの子どもたちが80歳になった時に、誰かの役に立っていたり、面白いなと思われていそうな事業だけをやっていこう」ムスカの事業は、この基準にこれ以上ないほど当てはまっていた。その場で参画を決めた流郷は、フリーランスの立場のまま、ムスカの広報担当執行役員に就いた。寝耳に水のオファー流郷が本腰を入れてPRを始めると、ムスカの露出が一気に増した。ベンチャーのピッチイベントにも積極的に出場し、2018年の1年で、国内外で5つの大きな賞を受賞。破竹の勢いでムスカの名前が拡散し、ベンチャー界隈では知らぬ人のいない存在になっていった。実はその年の春、ムスカに出資している企業から流郷に「CEOにならないか?」という話があった。それは創業者の串間も承知したうえでのオファーだった。もともと研究者肌で、経営やファイナンスが得意ではない串間は、イエバエの研究開発に注力したいという希望を持っていたのだ。しかし、流郷にとっては寝耳に水。最初は「なんでフリーランスの自分が?」という疑問とともに、「できません」と断った。それでも話を続けているうちに、自分が表に立つことにも、意義があるなと考えるようになった。「スタートアップ界隈ってまだまだ男性社会なんですよ。でも、PRとして社会の流れを見た時に、女性の活躍も期待されている時代だから、ピッチイベントで女性が壇上に立つだけで話を聞いてもらえる状態なんです。ムスカの事業はものすごくポテンシャルがあるし、夢もあるし、現実ともしっかりと結び付けていけるような事業なので、話を聞いてもらったら勝ちだと思ったんですよね」2018年7月、28歳の流郷はCEOの肩書に一言加えて、暫定CEOに就任した。これも、PR目線の戦略だった。自分は経営の専門家ではなく、プロ経営者を雇用するまでの代役にすぎない。それなら、あえて日本では聞きなれない「暫定」という言葉を使うことでメディアの目を惹きつけて、プロ経営者を求めているというPRにしようと考えたのだ。暫定とはいえCEOになり、責任も大きくなったので、腰を据えて仕事をするために家族で東京に引っ越した。

大きな誤算

この戦略が当たり、流郷のもとに続々と取材依頼が届いた。2人の子どもを持つシングルマザーで、広報の叩き上げというキャリアも話題になり、ムスカの知名度はさらに高まった。しかし、間もなくして日本では「だいぶファンキーなやり方」だったと気づく。ムスカは資金調達して1号プラントを作ろうというフェーズに入っていた。ピッチイベントでの受賞によって大手企業から出資の話が来るようになった時、流郷は暫定CEOとして重要な役割を担う。ところが、企業のなかには「暫定」を「腰かけ」「いずれ辞める人」と捉えるところもあり、交渉の現場でも明らかに自分の存在が軽んじられていると感じることもあったという。それは大きな誤算で、ムスカにとってもネガティブな影響が生じかねない。流郷は、ついに腹を括った。2019年4月、「暫定」のないCEOに就任。それまではパラレルでフリーランスの広報としての仕事も手掛けていたが、それをすべて整理して、給料が半減することも受け入れて、ムスカ一本に絞った。「海外では、事業ステージごとに経営者が変わるのは当たり前に起こることなんです。私たちは海外での資金調達や海外展開を考えているので、世界に出ていくならわざわざ暫定をつける必要もないと思ったんです。それに、ムスカはまだ認知拡大をさせるフェーズだと思っていて、この事業に対して私が貢献できることがあると思っているので」ただし、と続けた。「もうひとつ事業のステージが上がった時には、サプライチェーンやインフラを作ってきたような事業をゴリゴリ回せる人がCEOになるべきだという思いは変わっていません」「壮絶」な毎日を乗り越えられる理由CEOに就任して、5カ月が過ぎた。今のところ後任に譲る予定はなく、先頭に立ってムスカのメンバーを率いている。あらゆる決断がムスカの命運を左右する毎日を、流郷は「壮絶」と言い表した。最近、スーパーハイブリッドイエバエが人間の健康にも寄与する可能性が高いことがわかり、創薬の分野でも脚光を浴びている。有機廃棄物の処理、肥料、飼料、創薬と、イエバエのポテンシャルが桁違いだからこそ、慎重に、丁寧に事業を進めていかなければならない。そのプレッシャーが流郷の肩に重くのしかかる。それでも笑顔で前に進むことができるのは、2人の子どもの存在があるからだ。「私はそもそも家庭的なタイプじゃないし、仕事が忙しくて、母親らしいこともなかなかできません。マルちゃんとかサザエさんとか、一家団欒を描いているアニメの家族像や母親像に合わない自分に、ずっと悩んできました。でも今は、そんな私だからこそ、やりがいを持って、楽しみながら自分の力を発揮して、社会に貢献している後ろ姿を子どもたちに見せなきゃと思っているんです。そうしたら、大人になるのって面白そう、仕事って楽しそうって思ってくれるんじゃないかなって」(執筆、写真:川内イオ、デザイン:九喜洋介)

キャリアのスタートは一見、新聞配達からに見える。でも、新聞配達の技術を磨いていたわけではないはずだ。学費と生活費を稼ぐために、2~3時間しか寝ないで朝刊と夕刊を配り、合間に勉強していた。その苦労のほどは想像して余りあるが、他でも食える技術をマスターして左の軸足を築いたとは言えないだろう。次に取り組んだのはアロマテラピスト。さらにOAやセキュリティー機器の販売会社に転職するが、その客先である介護事業所にアロマディフューザーを売り込んで、匂い対策になる精油を定期的に納める新規事業担当に就く。前職のノウハウを見事に次の仕事に応用しているとはいえ、まだ一歩目の軸足は築かれてはいない。アロマを売るとき身につけたPRの仕事のコツが、次に転職した企業の採用活動を支援するベンチャーでも生きるのだが、流郷さんの一歩目の軸足は、26歳でPRを専門とする業務委託のフリーランサーになった時に確定したのだと思う。次の二歩目の機会をうかがうまでに、2人の子のシングルマザーにもなっていた。PRの仕事を手伝う一社として、イエバエベンチャー・ムスカの創業者と出会う。スーパーハイブリッドイエバエの特殊性は「火星探査を計画した科学者が、片道250日かかる宇宙船のなかで自給自足することを前提に、有機廃棄物の処理、肥料、人間用の食料として一匹三役を担う存在として生み出した」という解説だけで十分だろう。創業者の串間充崇氏がライフワークと信じ、中部電力という名門会社を辞め、23歳で飛び込んだのも頷ける。その串間から頼まれて、最初はフリーランスの立場のまま、広報担当執行役員に就いた。でも、その後、他に何社もの客先から引き合いがある居心地の良さを捨て、給料が半減することを受け入れて、ムスカ一本に絞った。この覚悟が道を開く。後ろの扉を閉じなければ、前の扉は開かないのだ。CEOを正式に引き継いだのは今年4月のこと。29歳の決断だ。「うちの子どもたちが80歳になった時に、誰かの役に立っていたり、面白いなと思われていそうな事業だけをやっていこう」流郷さんは、自分流の仕事のプリンシプルをそう決めている。壮絶な悪戦苦闘の日々を乗り越えられるのは、いつも2人の子どもからの視線に支えられているからだ。流郷さんの大三角形は、まだ完成していない。これからも様々な試練があり、その度に納得解を見つける試行錯誤を繰り返し、成長し続けるのだろう。PR専門のフリーランサー、世界を相手にするバイオベンチャーのCEOと軸足が定まれば、三歩目の仕事は、どこにでも出ていける。その頃には2人の子も合流して、親子で新しいベンチャーにチャレンジしているのかもしれない。

【最終話・ダニエル・エク】社内コミュニケーションで重要なこと前のページ

【後編】「オカマがヒーロー化する社会」の不思議次のページ

関連記事

  1. オリジナル

    【櫻田謙悟】攻撃は最大の防御。弱みを見せてはいけない

    2019/9/26忘れられた存在アジア開発銀行での4年間の勤務を終え…

  2. オリジナル

    ブロックチェーンがアニメ産業を救う。BlockPunkが目指すクリエイターとファンのフラットな世界

    日本の誇る産業の一つに“アニメ”がある。2018年、日本のアニメ産業…

  3. オリジナル

    【厳選20校】名門ボーディングスクールに、入学する方法

    2019/10/31国境を超え、教育熱心な親たちを魅了する名…

  4. オリジナル

    【3分解説】泥沼ブレグジット。期限「3度目延期」のポイント

    2019/11/1混迷極まる協議は「再々延長戦」へ──。10…

  5. オリジナル

    【ドキュメント】古生物学者、犯罪捜査に革命を起こす

    2019/9/23毛髪の「限界」に挑む髪が普通に生えている幸運な人の…

  6. オリジナル

    【真相】ユニクロ・Amazonに負けない。ワークマンの「競争しない」PB戦略

    2019/9/26今、国内で最も勢いがある「アパレルブランド」と言っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    世界がきゅん♥ 「紳士」なラグビー選手たち
  2. オリジナル

    【挑戦】ザッカーバーグやベゾスが、幼児教育に投資する理由
  3. スポーツ

    西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」
  4. スポーツ

    DeNA、2位確定で2年ぶりCS進出決定! 中日はCS逃し、7年連続Bクラス決定…
  5. エンタメ

    道端アンジェリカ活動休止発表「当面は子育てに専念」夫婦の今後は「時間かけて二人で…
PAGE TOP