カジノ

マカオ政府、2019年度の全市民への現金配布作業完了…1人あたり約13.3万円、12年連続実施=カジノ税収潤沢で富の還元

カジノ税という潤沢な財源を抱えるマカオ政府は、インフレ対策や富の還元を理由に2008年から市民に対する現金配布を毎年実施している。

 実施12年目となる今年度(2019年度)の支給対象は2018年末時点で有効なマカオ特別行政区永久性居民(永久居留権保有者)及び非永久性居民(臨時居留権保有者)IDカードの保有者で、所得、年齢、居住地といった要件は設定していない。支給金額は前者が1万マカオパタカ(日本円換算:約13.3万円)、後者が6000マカオパタカ(約8.0万円)で、6年ぶりの増額。アップ幅はいずれも11.1%だった。

 マカオ政府財政局は9月22日、7月頭からスタートした今年度の現金配布作業について、9月13日をもって完了したことを明らかにした。銀行振込による支給対象者(公務員及び事前登録者)が37万7489人、小切手の郵送による支給対象者が33万8621人おり、支給総額は前年から12.8%増の69億7033万6000マカオパタカ(約927億円)だったとのこと。同日までの小切手の現金化率は70.8%という。

 現金配布の実施については、例年11月に行われる行政長官による翌年度の施政方針演説で明らかにされてきた。今年は行政長官が交代(12月20日就任)することから、施策継続の有無、金額の増減、受給要件変更の有無について、市民の間で例年以上に関心が高まっている。

 マカオ特別行政区では、現金配布のほかにも高齢者(満65歳以上)に対する養老金(年13回、年金に相当)と敬老金(年1回)の支給、医療クーポン券の配布、家庭用電気料金および上下水道料金の補助、所得税及び不動産税の減税、個人年金口座への資金注入など、幅広く市民が実感できるかたちでの成果の分配を実現する政策を継続実施している。

「カジノ王」ユニバ・岡田家のお家騒動。「成功報酬1億円」の和解工作の顛末を本人に直撃前のページ

マカオの人口密度2万人に…埋立造成による面積拡大で5.2%減も香港や東京の約3倍の超過密状態=2018年次のページ

関連記事

  1. カジノ

    マカオ、19年8月の総合消費者物価指数対前年2.83%上昇の116.41…上昇幅は前月から0.23ポ…

    マカオ政府統計調査局が9月20日に公表した資料によれば、今年(201…

  2. カジノ

    マカオ国際空港、19年1〜8月の定時運航率約65%…安全第一を考慮した結果に理解求める

    マカオの主要な空の玄関口、マカオ国際空港が好調を持続している。199…

  3. カジノ

    カジノディーラーとはどのような仕事か

    カジノディーラーとはどのような仕事か黒子であり、主役でもある…

  4. カジノ

    「カジノ王」ユニバ・岡田家のお家騒動。「成功報酬1億円」の和解工作の顛末を本人に直撃

    「成功報酬金1億円にて小生、岡田和生の『お願い』を現実化できる方を探…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    遠藤久美子が第2子を出産 夫・横尾初喜氏が報告「超安産!」
  2. ニュース

    連合、最賃時給1100円要求へ 20年春闘方針、金額を初明記
  3. ニュース

    ビルの解体工事現場で足場倒壊 神戸・三宮
  4. カジノ

    「カジノ王」ユニバ・岡田家のお家騒動。「成功報酬1億円」の和解工作の顛末を本人に…
  5. オリジナル

    【教訓】斬新なビジネスほど失敗するワナ
PAGE TOP