スポーツ

8敗目ダルビッシュ、試合後大荒れ 「人生で最悪。きょうは勝たなきゃいけなかった」

22日のカージナルス戦でダルビッシュ有投手(33)が9回途中降板し8敗目。試合後、米メディアの囲み取材があるクラブハウスの本人の名札には、泥でスパイクの跡がくっきりと残っていた。

 さらに、普段は大事にしているプロテイン、飲料水ボトルやいすなどが散乱。それらを拾い上げると、いつも通り英語で取材に対応したが、世界の終わりのような表情だった。

 「すごくフラストレーションがたまっている。人生でも最悪。(ロッカーの名札を指さし)分かってもらえるよね? 勝たなきゃいけなかった、特にきょうは。なのに、負けた」

 今季初の完投を目指し、マドン監督から9回のマウンドに送り出された。「そのときはうれしかった。でも、いまは全てが…とにかく、いまは言葉がない。すみません」。

 地元ラジオ局WSCRのツイッターは「ダルビッシュの魂は引き裂かれていた。ほとんど涙を流しそうだった」と伝えた。

 米スポーツサイトのジ・アスレチックによれば、もちろんマドン監督も傷心の態だったが、右腕をこう褒めちぎった。

 「(野球史は)永遠に続くが、その中でもこれ以上ない最高レベルの投球だった。ダルビッシュは、すごかった。ジェイク(2015年カブスのアリエッタ、現フィリーズ)がサイ・ヤング賞に輝くのを実際に目にしたが、全てがそれと同等だった。球の質、そして制球。絶対的に、もっといい結果になって当然だった」

貴景勝、失意の一番で再び負傷か 左胸付近痛め「切れてる。やべぇ、最悪や」前のページ

大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    ネイマールが自身の荒い気性を問題視「怒って爆発してしまう」

    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールが、自身が怒りで爆発す…

  2. スポーツ

    飛び込み・13歳の玉井陸斗が最年少V「五輪への第一歩」世界選手権4位相当の高得点

    「飛び込み・日本選手権」(23日、金沢プール)男子高飛び込み…

  3. スポーツ

    さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

    感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指してい…

  4. スポーツ

    【巨人】引退決断、阿部、けがとの闘い証明した骨片…番記者が見た

    巨人・阿部慎之助が、現役引退を決断した。坂本勇らナインからは慕われ、…

  5. スポーツ

    栗山監督が辞意伝えていた…球団は手腕評価慰留へ

    日本ハム栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが24…

  6. スポーツ

    DeNA、2位確定で2年ぶりCS進出決定! 中日はCS逃し、7年連続Bクラス決定

    ◇セ・リーグ DeNA7―1中日(2019年9月24日 ナゴヤD)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    42歳クロちゃん、親からの仕送りは「固定給」主張 “親孝行”がしんどい芸人活動の…
  2. ニュース

    アマゾン、10─12月期業績見通しが予想下回る 株価7%安
  3. スポーツ

    飛び込み・13歳の玉井陸斗が最年少V「五輪への第一歩」世界選手権4位相当の高得点…
  4. カジノ

    マカオの人口密度2万人に…埋立造成による面積拡大で5.2%減も香港や東京の約3倍…
  5. オリジナル

    【高濱正伸×数学教師】プログラミング教育より大切なこと
PAGE TOP