スポーツ

8敗目ダルビッシュ、試合後大荒れ 「人生で最悪。きょうは勝たなきゃいけなかった」

22日のカージナルス戦でダルビッシュ有投手(33)が9回途中降板し8敗目。試合後、米メディアの囲み取材があるクラブハウスの本人の名札には、泥でスパイクの跡がくっきりと残っていた。

 さらに、普段は大事にしているプロテイン、飲料水ボトルやいすなどが散乱。それらを拾い上げると、いつも通り英語で取材に対応したが、世界の終わりのような表情だった。

 「すごくフラストレーションがたまっている。人生でも最悪。(ロッカーの名札を指さし)分かってもらえるよね? 勝たなきゃいけなかった、特にきょうは。なのに、負けた」

 今季初の完投を目指し、マドン監督から9回のマウンドに送り出された。「そのときはうれしかった。でも、いまは全てが…とにかく、いまは言葉がない。すみません」。

 地元ラジオ局WSCRのツイッターは「ダルビッシュの魂は引き裂かれていた。ほとんど涙を流しそうだった」と伝えた。

 米スポーツサイトのジ・アスレチックによれば、もちろんマドン監督も傷心の態だったが、右腕をこう褒めちぎった。

 「(野球史は)永遠に続くが、その中でもこれ以上ない最高レベルの投球だった。ダルビッシュは、すごかった。ジェイク(2015年カブスのアリエッタ、現フィリーズ)がサイ・ヤング賞に輝くのを実際に目にしたが、全てがそれと同等だった。球の質、そして制球。絶対的に、もっといい結果になって当然だった」

貴景勝、失意の一番で再び負傷か 左胸付近痛め「切れてる。やべぇ、最悪や」前のページ

大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了

    <ラグビーW杯:ウェールズ29-25オーストラリア>◇29日◇味の素…

  2. スポーツ

    東日本大震災の被災地・釜石で初開催のW杯 ウルグアイがフィジーを破る番狂わせ

    ◇ラグビーW杯1次リーグD組 ウルグアイ30―27フィジー(2019…

  3. スポーツ

    完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応

    <天皇杯:浦和0-2ホンダFC>◇4回戦◇25日◇埼玉浦和レ…

  4. スポーツ

    西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」

    西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。…

  5. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩

    パ・リーグ2連覇を飾った西武の山川穂高内野手(27)が西日本スポーツ…

  6. スポーツ

    元横綱朝青龍おい豊昇龍が新十両昇進 琴勝峰も

    日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で九州場所(11月10日初日、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ニュース

    金正恩委員長、白馬で白頭山に登頂 北朝鮮メディアが写真公開
  2. スポーツ

    即断即決の舘ひろし、ラグビー代表におはぎ差し入れ
  3. オリジナル

    【正念場】寝具界の革命児・キャスパーが打ち出す「次の一手」
  4. エンタメ

    ASKA 剣道大会で優勝! 本名で参加、鮮やか四段の剣さばき
  5. スポーツ

    西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」
PAGE TOP