スポーツ

【巨人】引退決断、阿部、けがとの闘い証明した骨片…番記者が見た

巨人・阿部慎之助が、現役引退を決断した。坂本勇らナインからは慕われ、兄貴的存在としてもチームを先導してきた。プロ19年間に数々の偉大な記録を達成した背番号10。本紙の「阿部番」だった水井基博記者(08~13年)がコラム「見た」で素顔に迫る。

数々のけがと闘ってきた。そんな阿部の、超人的なすごさを証明した“逸話”がある。今月15日の阪神戦(東京D)で右手に死球を受けた。当初はあおむけで倒れ込み、周囲は心配した。そのままベンチに下がって、病院へ。その診断中、撮ったMRIの画像を見た医師は、「骨折しているかも」と疑ったという。事実、右手親指の第一関節付近に骨片が見つかったからだ。

阿部は画像を見ながらも信じられず、「いや、折れてないと思います」と訴えた。では、骨片は何なのか―。その日の死球で剥がれたものではないのか―。実際、患部を触診されても痛みはなかった。その場に、疑問だけが残った。阿部はふと思いついたように、「過去にデッドボールが当たった時に、我慢して病院に行かなかったこともある。その中で折れていた時があったのかも。それが残っていたんでしょうね」。サラリとした姿に、医師も驚いた表情だったという。

“お友達”はボルタレンという痛み止めの薬だ。慎之助と安田学園高時代からの同級生で、苦楽を共にしてきた個人マネジャーの岩舘善広氏は「ボルタレンを飲んでいる姿を見るのが何よりつらい」と言う。唯一、阿部が弱音をはける間柄で信頼度は絶大。今シーズン中、来季の進退が決まっていない頃、「現役は続けてほしい。でも辞めればボルタレンを飲まなくて済むんだよね」。そう言いながら、大粒の涙を流していた。

骨折していても、チームのために、勝利のために我慢しちゃう男だ。「あっち痛い、こっち痛いって言ってるくらいなら、プロ野球選手なんか辞めた方がいい」とまで話していたのが印象的だった。今思えば、あえて強がったのだろう。そうでも言わないと、やってられないのだろう。「気を抜いたら、この世界は落ちるだけ」―。それも、もうすぐ終わる。何とか、けがなくまっとうしてほしい。それだけを願う。

風間監督解任でも名古屋グランパスに残る不安前のページ

巨人阿部という男 ロッカーに戒めの落球写真 「全身の毛穴を引き締めて」試合へ次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    【バレー】日本、石川真佑が流れを変えるもブラジルにストレート負け W杯2019女子

    ワールドカップバレー2019女子大会は24日、札幌市北海きたえーるな…

  2. スポーツ

    大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか

    突然の発表となった左膝の手術で大リーグ2年目のシーズンを終えた大谷翔…

  3. スポーツ

    ラグビーW杯、食品持ち込みOK 飲料はこれまで通り禁止

    ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、試合会場…

  4. スポーツ

    貴景勝、失意の一番で再び負傷か 左胸付近痛め「切れてる。やべぇ、最悪や」

    貴景勝は優勝決定戦で力尽きた。約4カ月ぶりの土俵に上がって15日間を…

  5. スポーツ

    暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か

    「陸上・世界選手権」(27日開幕、ドーハ)東京も人ごとではな…

  6. スポーツ

    笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛

    先週の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」会場で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【厳選20校】名門ボーディングスクールに、入学する方法
  2. ニュース

    関電、金品問題で広告一部停止 営業戦略にも影
  3. オリジナル

    営業部門が結果を出すための強力な武器になる「2つの思考法」
  4. ニュース

    マラソン札幌開催なら「都は負担なし」 IOCなど調整
  5. ニュース

    英語民間試験の延期要求に軸足=野党、萩生田氏辞任へ徹底追及
PAGE TOP