オリジナル

【検証】品切れ続出。アップルを超えたワイヤレスイヤホンの実力

2019/9/24イヤホン同士をつなぐコードすら存在しない、本体が完全に独立したタイプのワイヤレスイヤホン「完全ワイヤレスイヤホン」が今、売れている。香港の調査会社、カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチによれば、完全ワイヤレスイヤホンのグローバル市場は、2019年第2四半期に2700万台に到達した。前四半期比56%の成長率だ。市場をけん引するのは米アップルの「AirPods(エアーポッズ)」。同調査でも全体の約5割のシェアを押さえ、日本でも縦長の白いイヤホンを耳に着けて街を歩く人をよく見かける。1万7800円(税別)という、イヤホンとして決して安くない値段にもかかわらず、オーディオ愛好家だけに限らず幅広い層に受け入れられている。しかしこの夏、その「一強」状態に待ったをかける新製品が、国内オーディオメーカーの大本命から登場した。ソニーの「WF-1000XM3」だ。品切れになる店舗が続出し、7月12日の発売開始以降、現在も量販店などでは品薄状態が続く。調査会社BCNジャパンによれば、日本国内市場の約4割を占めるAirPodsに次ぐシェアで猛追しているという。

今年の夏、ソニーは販売台数ベースで圧倒的な伸び率を叩き出している価格はAirPodsよりもさらに高い2万5880円(税抜)にもかかわらず、なぜ、ソニーのワイヤレスイヤホンは大ヒットしたのか。開発者へのインタビューと、製品レビューを通じて分析する。「ワイヤレスで高音質」の需要ソニーのイヤホン事業は大きな伸びしろを秘めた領域だ。ソニーが20年ぶりに過去最高益を更新した2017年にオーディオ事業も20年ぶりの増収を達成。それをけん引したのが、ノイズキャンセリングやハイレゾに対応した高級ワイヤレスヘッドホンだった。エレキ事業の選択と集中が進む中、イヤホン・ヘッドホンも「高付加価値化」で利益を追求する戦略がひとまずは功を奏している。そんな高級ワイヤレスヘッドホンの次の矢が、完全ワイヤレスイヤホンだった。同タイプのイヤホンはソニーのイヤホン全体の台数構成比で5%だったのが、ここ2年で20%まで伸びたという。それをさらに加速させているのが、今回の新モデル、WF-1000XM3だ。

WF-1000XM3の本体外観なぜ、WF-1000XM3はここまで売れるようになったのか。開発担当者のソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社・商品企画部 大庭寛氏は「私たちのプランニングと、ワイヤレスブームのタイミングが完全に一致した」と振り返る。「想定以上の反響です。特に音質面で期待値にしっかり応えることができたと分析しています。完全ワイヤレスかつノイズキャンセリングタイプ(イヤホンのマイクが周囲の騒音を拾い、逆位相の音を出力することで騒音を打ち消す機能)で、しっかり高音質を実現できたという意味では、ソニーのイヤホンの一つの集大成となるモデルとも言えます」(大庭氏)ワイヤレスイヤホンの市場環境が整いつつあることも、ヒットの背景にはある。「(アメリカの)Beatsさんや、オーディオテクニカさんなど、各社から立て続けに新製品が投入されたことも、注目を集める要因になったと思います。その中でも我々はあくまで『プレミアム戦略』を貫き、高性能・高価格帯で勝負をしていきました。加えて、人々がイヤホンに以前よりお金を投資するようになったことも、受け入れられている要因の一つだと思います」(ソニーマーケティングジャパン・プロダクツビジネス本部統括課長 水野雅夫氏)

マーケティングを統括する水野氏(左)と、製品企画の大庭氏(右)今回の「WF-1000XM3」には、ライバルであるAirPodsとは明確に差別化された機能が数多く盛り込まれている。AirPods最大の強みは、Bluetooth(デジタル機器の無線通信規格)イヤホンであることを感じさせない接続性の高さと、使い勝手の良さにある。一方で弱点もある。耳と完全には密着しない開放型イヤホンなので、外部の音が聞こえやすい。この点は好みが分かれる。イヤホンを装着したままでも周囲の音や会話が聞こえるようにと、あえてそのように設計されている。だが、例えば電車の中では、音楽が聞こえなくなるほど外部の音が聞こえてしまう。音楽を聴くために音量を上げると、今度は音漏れしやすくなる。

対してソニーのイヤホンは密着型で、ノイズキャンセリング機能も付いている。周囲と切り離して、音を耳に届ける機能を磨いた。AirPodsとはまさに対極に位置すると言えるだろう。接続性やクラウド連携など、アップル製品との相性が良いAirPodsは、iPhoneの使用率が高い日本では、おのずと選択肢になりやすい。この点については、ソニーもiPhoneにより最適化されたBluetoothチップを今回新たに採用しており、iPhoneともスムーズに接続する。短期間でシェアを獲得できた背景にはこうした細かな部分の対応があった。アーリー層の「買い替えタイミング」完全ワイヤレスイヤホンが市場に普及してから約2年という「買い替えタイミング」に重なったことも製品の注目度を押し上げた。アップルが初代AirPodsを発売したのは2016年12月13日。そこからさまざまなオーディオメーカーが完全ワイヤレスイヤホンに参入した。ユーザーは、発売当初の音切れやバッテリー持ちの悪かった製品から、より高機能に改善された製品を求めるようになっている。

アップルのAirPodsは初代から完成度は高かったが、追いかけるライバルたちはバッテリーや接続性に難がある製品が多かったまた、マーケティング分析担当の水野氏はイヤホンの「複数使い」需要も取り込めたと分析する。「イヤホンのジャンルが増えたことで、一人で複数のイヤホンやヘッドホンを使っている人が以前よりも増えています。WF-1000XM3を購入した人の中には、かなりの比率で同じノイズキャンセリングタイプのヘッドホン『WH-1000XM3』を一緒に使っている人がいます」(水野氏)季節や環境によってイヤホンとヘッドホンを使い分ける人もいるという。「暑い夏場はイヤホン、冬はヘッドホン、という使い分けをする人もいますし、有線タイプのイヤホンと併用する人もいます。スマホにはイヤホンジャック(端子)がないので、外出先ではワイヤレスイヤホンを使い、自宅ではより音質が良い有線タイプを使う人もいます」(大庭氏)

(erikreis/istock)これまで、外出時にスマホで音楽を聴く場合は有線イヤホンが主流だったが、アップルが2016年に発売したiPhone7以降、イヤホンジャックを廃止したのをきっかけに、スマホで有線イヤホンが使えなくなることが増えた。そこからBluetoothで無線接続するワイヤレスイヤホンが急速に普及し、さらに左右のイヤホンをつなぐコードすらなくなった「完全ワイヤレスイヤホン」が登場したという経緯がある。「最大の弱点」を解消ワイヤレスイヤホンは比較的新しい製品であるがゆえに、音が途切れる「音飛び」対策や、ノイズキャンセリングの効果など、性能面の改善が今も続くジャンルだ。WF-1000XM3の場合、旧タイプに比べて最も改善されたのが、動画を視聴している時の音の遅延だった。ワイヤレスイヤホン第1世代の「WF-1000X」(2017年10月発売)は、音質こそAirPodsを上回るものの、ユーチューブやネットフリックスなどで動画を見た時、映像に対する音の遅延が目立った。映像と音がズレるわけだ。ソニー側も、当時はユーザーの利用シーンの想定が甘かったと振り返る。

「当時は初参入で技術的にもまだ成熟しきっていない状態だったので、音質やノイズキャンセリング機能も積んでいくとなった時に、どうしても電池の持ちや、接続安定性などにも厳しいご意見をいただきました」(大庭氏)音の遅延解消が進んだのは、スマホやPC、テレビとイヤホンをつなぐ役割を果たすBluetoothチップの影響が大きい。ワイヤレスイヤホンの市場では、米クアルコム社製の音質を強化したBluetoothチップを採用するメーカーが増えている。一般的な完全ワイヤレスイヤホンの場合、スマートフォンとどちらか片側のイヤホンをBluetoothでつなぎ、まず片方のイヤホンに両側の音情報などを伝送している。そのため、片耳だけバッテリーの減りが早かったり、接続が不安定になってしまったりすることが多かった。

一方、ソニーはベンダーと共同開発したオリジナルのBluetoothチップを新たに搭載。これによりスマホから左右両方のイヤホンに情報を同時に伝送できるようになり、動画の遅延はもちろん、接続安定性も飛躍的に改善した。「初代モデルを出した時から、我々が想定していた以上に動画視聴に対しての需要が伸びていきました。特に日本のお客様の場合、通勤通学の場面での利用が多いんですよね。そこでみなさん、音楽だけでなく、動画なんかも観られるようになってきた。そういった需要に対する課題解決が、大きなテーマとなったのです」(水野氏)ソニーが技術でアップルを超えた今回のWF-1000XM3はプロの評価も高い。これまで完全ワイヤレスイヤホンを100機種以上テストしてきた月刊誌『家電批評』編集部の阿部淳平副編集長は「ついに本物の『高級完全ワイヤレスイヤホン』と言える製品が登場した」と評価する。「これまでの高額な完全ワイヤレスイヤホンは、ブランドネームだけの製品が多く、音質はイマイチでした。それが今回のソニーの新機種は、ずっと我々とテストをしてきたオーディオ評論家も初めて高級イヤホンと認めるほど、完成度が高かったのです。本誌でも初めて、ソニーの機種を完全ワイヤレスイヤホンのベストバイに認定しました」(阿部氏)

この秋にはファーウェイも高級完全ワイヤレス市場に参入。さらなる戦国時代になるだろうと阿部氏も予測する(画像:gettyimages)AirPodsとの比較についても「やや勝負の土俵は異なりますが、技術的にソニーがアップルを超えたという、一つのマイルストーンになったと言えるのではないでしょうか」と阿部氏は分析している。高級ヘッドホン事業の新たな柱にソニーの次なる目標は、本格的な「ハイレゾ音質」の導入だ。「本機種もハイレゾ級の音質を積んだ製品となっていますが、今後、正式なハイレゾ音源の再生に対応していく可能性は十分あり得ます。音質の追求を止めることはあり得ませんし、少しでもいい音で聴きたいと思っているユーザーに手に取ってもらえる製品作りをこれからも目指します」(大庭氏)

ソニー高級ヘッドホンのブレイクのきっかけとなった「WH-1000XM3」は、ワイヤレスながらハイレゾ音源に対応する加えて、完全ワイヤレスイヤホンにとって、使い勝手の改善も永遠の課題。マーケティングチームは今まで以上に評価サイトのレビュー投稿などを注視しているという。「特に完全ワイヤレスイヤホンは『ストレスフリー』というコンセプトが非常に大事な項目になってきます。ノイズや音飛びは完全にゼロにならなければいけないですし、充電はもっと簡単にならないか、バッテリーが100時間持つようにならないか、もっと耳にフィットするような設計にならないかなど、これまでのオーディオ以上に使い勝手の質の向上も目指していきたいです」(水野氏)「最も伸びており、力を入れている分野」である完全ワイヤレスイヤホンの進化に、今後も注目していきたい。

【チーム力】リーダーは“手数”を増やし、人間の本性を理解せよ前のページ

【提言】生き残りたければ、ルールを変えよ次のページ

関連記事

  1. オリジナル

    上司に案を却下されたとき、やってはならないことは

    今月4日にNewsPicksが新たに立ち上げたレーベル「NewsPi…

  2. オリジナル

    【正念場】寝具界の革命児・キャスパーが打ち出す「次の一手」

    2019/9/24「寝不足」創業者の憂うつニール・パレクは、このとこ…

  3. オリジナル

    【藤野英人】次世代に伝えるべき「マネーリテラシー」の本質

    2019/10/27投資家視点で「人生を切り開く戦略」を提案する、カ…

  4. オリジナル

    【新】修羅場をくぐったSOMPO櫻田社長の仕事哲学

    2019/9/22ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分…

  5. オリジナル

    外資ブランドを渡り歩いた男。次なる挑戦は「福山の地方企業支援」

    2019/9/22川上から川下までつながっている「待てよ。川上から川…

  6. オリジナル

    アロマテラピストからCEOに。異色のシングルマザーの「仕事を選ぶ基準」

    2019/9/21最初の一歩は新聞配達20代でベンチャーのCEOに就…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    NHK「あさイチ」またおめでた!千葉美乃梨アナ、結婚&妊娠 来月にも産休入り
  2. オリジナル

    【高濱正伸×数学教師】プログラミング教育より大切なこと
  3. エンタメ

    ASKA 剣道大会で優勝! 本名で参加、鮮やか四段の剣さばき
  4. ニュース

    台風19号、12日は840便超欠航で15.5万人影響 ANAは羽田・成田国内全便…
  5. オリジナル

    【証言】脱落者続出! EVベンチャーの生存者の秘密
PAGE TOP