エンタメ

テレ朝会長「報ステ」セクハラCP重用説を否定「間違い」行為者には怒りにじませる

テレビ朝日の定例会見が24日、東京・六本木の同局で行われた。看板ニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサーが女性社員に対するセクハラで8月30日付で懲戒処分を受け、番組を外れた問題で、局幹部が説明を行った。

早河洋会長・CEOは、昨年に同局社員が財務省の事務次官によるセクハラ被害を受け、局として速やかに対応できなかった反省から、局内でコンプライアンス研修も行ったことを挙げたうえで「受け止められなかった人間がいたということです」と、厳しい口調で述べた。

「重く受け止めております」とし、自身が対策委員会の議長となって、ハラスメント対策を行うことを示し、「行為者には厳正処分が待ち受けているという認識も徹底させる」と述べた。

一部で、早河氏が当該のCPを重用していたとの報道があることには、「人事は当該部局と人事部局の協議です。私が配置したというのは間違いです」と否定した。

伊調馨がコメント「選手・指導者として力尽くす」前のページ

平原綾香に称賛 国歌独唱なぜ難しいのか次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    チュート徳井、日テレからも消える…TBS、フジに続き当面出演見合わせ発表

     7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、…

  2. エンタメ

    山本美月・瀬戸康史が「パーフェクト」真剣交際

     女優の山本美月(28)と俳優の瀬戸康史(31)が交際していることが…

  3. エンタメ

    おかずクラブ、ハルカラ、にぼしいわし、3時のヒロイン、つぼみ大革命ら「THE W」決勝へ

    “一番面白い女性”を決める賞レース「女芸人No.1決定戦 THE W…

  4. エンタメ

    杉本有美、7月に離婚していた「ちゃんとお伝えしたかった」

     10月25日、女優・杉本有美が離婚していたことを、カメラマン・萩庭…

  5. エンタメ

    小室哲哉と泥沼離婚調停 KEIKOに直撃「復縁なんて全っ然」

     世間を驚かせた電撃婚が2002年のこと。当時、誰が今のふたりを想像…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【3分解説】泥沼ブレグジット。期限「3度目延期」のポイント
  2. オリジナル

    【知識】1%を99.9%と錯覚してしまう「偽陽性」という罠
  3. エンタメ

    『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲…
  4. スポーツ

    【ラグビーW杯】イングランドの“ハカ奇襲”に罰金の可能性 英紙指摘「制裁がなけれ…
  5. ニュース

    アマゾン、10─12月期業績見通しが予想下回る 株価7%安
PAGE TOP