オリジナル

外資ブランドを渡り歩いた男。次なる挑戦は「福山の地方企業支援」

2019/9/22川上から川下までつながっている「待てよ。川上から川下まですべてそろっているじゃないか」。そんな池内精彦(いけうち きよひこ)さんのひらめきから「福山ファクトリーギルド」というデニムの新ブランドが生まれることになった。広島県東部の福山市に2016年冬にオープンした「福山ビジネスサポートセンター(フクビズ)」。地域の中小企業の相談に乗り、経営改革や新規事業の立ち上げなどをサポートする。池内さんは公募に応じて「プロジェクトマネジャー」として2017年4月から働き始めた。実は、池内さん。「ウォルト・ディズニー」や「エルメス」「ジョージジェンセン」「バリー」といった名だたる海外ブランドの管理や経営に長年携わってきた「ブランド・マネジメント」の専門家。ジョージジェンセンやバリーでは日本法人の社長を務めた。複数の外資系ブランド企業からの誘いを断って、福山での地方企業支援という新しい世界に飛び込んだ。フクビズには、開設から1年半で3000件を超す相談が寄せられ、まさに「行列のできる相談所」に急成長した。池内さんも地域の経営者たちの話を聞いていたが、別々に相談にやってくる会社が、実はデニム生産の川上から川下までつながっていることに気づいたのだ。しかも、そうした会社は10キロ圏に集まっているにもかかわらず、経営者同士お互いには話したこともない。皆、岡山や倉敷のデニム関連企業に出荷しており、地域の横のつながりが不思議なほど無かったのである。

100%メイド・イン福山のデニム「福山はデニム生地の国内生産の5割を占めるのに、知られていない」と福山の人たちは嘆いていた。県境を接する岡山県の方が「児島ジーンズ」や「岡山デニム」といったブランド構築に成功。デニムの聖地といえば岡山といったイメージが定着していた。「100%メイド・イン福山のデニムを作れば、ブランドとして成り立つ」。そう池内さんは考えた。相談に来ていたデニム縫製のNSGの名和史普社長に話をすると、とんとん拍子に事は進んだ。福山製のデニムを作っても「出口」がなければ世に出て行かない。やはりフクビズに相談に来ていた今福俊和ホルス社長を名和社長に引き合わせた。今福社長は福山駅近くで、セレクトショップ『ホルス・ワークス』を経営する。ファッションや小物と長年付き合ってきた池内さんの目から見ても「非常にセンスの良い店」だった。そんな出会いから、「福山デニム」が形になっていった。糸染めの坂本デニム、製織の篠原テキスタイル、縫製のNSG、洗い加工の四川、刺しゅうのアルファ企画、エイジング加工のサブレ、販売のホルス——。いずれも福山に拠点を置く川上から川下までの7社が連携することとなった。

池内さんが中心になって新たなブランド名を決めた。「福山ファクトリーギルド」。ギルドとは、中世ヨーロッパで手工業を担った親方たちの職業組合のこと。高い技術力を持つ専門業者が同盟を組んで一つ一つ丁寧に作り上げていく姿を示している。中世の貴族の紋章さながらの、福山ファクトリーギルドのエンブレムも作った。2018年10月、「福山ファクトリーギルド」のブランドを付けた100%福山製の第1弾のジーンズが完成した。柔らかい糸を使い、肌触りやはき心地の良い製品に仕上がった。縫製も旧式ミシンを使って味を出すデニムファン納得の仕上げになった。税抜きで2万円。純粋国産としては高くない。当初用意した分は2週間で完売した。たくさんのメディアで取り上げられたこともあり、ジーンズファンの心を捉えた。福山だけでなく大阪などから買いに来る人も少なくなかった。さっそく追加で生産に乗り出したほか、女性用などの新商品も開発している。「プランタン銀座」に入社

「これまでの僕の人生の経験が全て役立ったと思います」と池内さんは言う。池内さんは東京都調布生まれ。中学生の時に神奈川県茅ヶ崎に引っ越した。中学高校の頃からファッションに関心があり、渋谷や吉祥寺の街を歩いた。成蹊大学卒業後、カリフォルニア州立大学に留学、マーケティングを学んだ。帰国と同時に、当時ダイエーグループが東京・銀座に百貨店を出すために設立した「プランタン銀座」に入社する。1年後、先輩社員が退職してしまったために26歳でリビング用品の小さなフロアの責任者を任される。売り上げから在庫管理、スタッフの労務管理まで何から何までやることになった。小さいながらも一国一城の主だった。「まさに天職だと思った」と池内さんは振り返る。29歳になった1988年。フランス・パリに駐在する。ここでもひとり。パリのプランタンの商品部のスタッフの手助けを受けながら、商品の買い付けに走り回った。当時の日本はバブルのピーク。とにかくフランスの目新しいブランドを見つけては、仕入れて日本に送った。資本力のある大手百貨店や商社の目に留まれば、後発にさらわれてしまう。常に新しいものを追い求めることがカギだった。

ファッションの世界では情報が何より重要。飛び込みで店を回り、買い付けた。自分の足で回り、実際に見ること。「足」と「目」の大切さを痛感した。池内さんはそう当時の自分を回想する。6年にわたるパリ住まいが、その後の人生の「糧」になったことは言うまでもない。何より駐在員同士の横のつながりがその後の人生に大きな影響を与える。当時のパリには日本の百貨店が進出、駐在員も多くいた。その後、バブルの崩壊とともに、ほとんど撤退したが、駐在経験者の多くが、もともといた百貨店を離れ、海外ブランド企業の日本法人などに転職していった。銀座通りに主要ブランドが直営店を出すようになると、その流れは一気に加速する。そのネットワークは貴重だった。帰国した池内さんはプランタン銀座の本館1階フロアの責任者になるとともに、海外部も兼務した。社内的にはエリートコースを歩んでいたが、行き詰まりを感じていた。日本流の「組織の壁」が立ちはだかってきたのだ。パリにいる頃は社長に直接電話するなど普通にできたが、帰国すると本部長や部長などの中間管理職がいる。自分自身で即断即決できたことが、まったくできなくなった。開業から時間が経って組織も整ってくると、やりたいことを言っても、検討に時間がかかり、なかなか決まらない。日本型の組織の弊害に直面したのだ。「あなたには迷惑はかけません。自分が責任を取るからやらせてください」と上司に掛け合って、それでもダメだったことは何度もあった。上司からも「生意気なやつ」と思われていた。「ブランド・マーケティング」をやりたい

結局、14年でプランタン銀座を辞めた。もちろん、基礎はプランタン時代に学び、欧州のブランドに目を開いていく貴重な経験も積むことができた。だが、一方で、これ以上、組織の中にいても学ぶことはないと見切っていた。それよりも「ブランド・マーケティング」をやりたい、という希望が大きくなっていた。そのために「アンテナを張っていた」と池内さんは言う。そんな時、生きたのが、パリ時代の人脈だった。駐在員のネットワークは帰国後も生きていた。ウォルト・ディズニー・エンタープライズ・ジャパン(現・ウォルト・ディズニー・ジャパン)がマーケティング・マネジャーを探しているという話もそんなネットワークからもたらされた。迷いなく、応募した。ディズニーに転職すると、ミッキーマウスやミニー、ドナルドといった主要キャラクターのライセンス供与の促進を担当した。それまでミッキーマウスの付いたシャツなどはスーパーのセールの目玉商品などとして使われることが多く、大半は子供向け。そのターゲットを若い男女にまで広げ、ブランドバリューを上げていく、という戦略を取ろうとしていた。

(写真:Bastiaan Slabbers/istock.com)それまでプロモーションと言えば、雑誌や新聞などの広告が主体だったが、若者には広告は効かない。当時、勃興期だったセレクトショップなどに置いてもらえるような商品開発が求められていた。「レトロ・ミッキー」シリーズが武器になった。面白い仕事だったが、3年半で辞める。インド人上司との折り合いがうまくいかなくなったのだ。グローバル企業の経営では「数字」が重視される。どうマーケット・ポジションを変えていくかという戦略と、ロイヤリティ収入の増加という目標は必ずしも合致しない。特に日本独特の商習慣などもあり、グローバルな数字重視の経営が通用しない。「まあ、ケミストリーが合わなかったということですが、3年半でブランド・マネジメントの要諦が分かったのは大きな収穫でした」と池内さん。次に転職したのが日本シーベル・ヘグナー(現DKSHジャパン)というスイス系商社。江戸末期の横浜で創業された貿易会社の老舗だ。そのブランドマネジャーになった。担当はラグジュアリー・ステーショナリー。高級文房具だ。同社が扱う「ファーバー・カステル」や「ラミー」といった万年筆やボールペンのブランド管理と販売促進を担当した。そんな時、パリ時代から付き合いのあった人から声がかかった。エルメスの銀座本店の店長をやらないか、という話だった。エルメスは高級ブランドの代表格で、圧倒的なブランド力を持っている。創業ファミリーの5代目に引き合わされ、「この人と仕事がしたい」と思ったのも背中を押した。2004年エルメスに転職した。4年にわたってエルメスにいたが、痛感したのは「エルメスはブランドとしてすでに成功しており、自分の創意工夫や力に関係なく売れていく」ということだった。48歳になった2008年。またしても声がかかった。ジョージジェンセンの社長をやらないか、という話だった。当時、厳しい財政状態にあった同社を立て直すのが使命だったが、仲介者が「一度は社長を経験しておいた方がいい」と勧めたことも、決断の引き金になった。ところが、引き受けて決算書を見ると、聞いていた話よりもさらに悪い財務内容だった。池内さんは全国に38あった店舗を22まで絞り込み、本店も日本橋に移し新しくした。一気呵成に再編して、立て直したのだ。そして、本国から与えられた再建のミッションを1年半で終わらせた。再建に手腕を発揮した池内さんは業界の中では知られる存在になる。次に話が舞い込んだのはスイスに本拠を置く高級皮革ブランド「バリー」の日本法人社長の話だった。ジョージジェンセンで4年が経った頃だ。実は、当時のバリーも業績不振に苦しんでいた。古いイメージのブランドを再構築してファッションブランドに戻したい、という期待が本国の本社経営陣からの要望だった。さすがにリブランドには5年10年の長い時間と、思い切った資本投下が必要になる。まずは収益の立て直しを図った。3年目には再建にメドをつけた。成果を上げながらも池内さんは迷いが生じていたという。再建といえば格好良いが、結局は、人を辞めさせること。後ろ向きの仕事にエネルギーを注いでいて良いのか、と感じ始めた。「フクビズ」の公募が載っていた

そんな時、茅ヶ崎に住んでいた父親が倒れ、介護が必要になった。会社を辞めて父親の生活基盤を再構築しなければならなくなったのだ。そろそろバリーの仕事も潮時だと感じていた矢先だった。父親を施設に入れ、2015年の終わりになって、再び、仕事に復帰しようと考えていると、いくつか声がかかった。多くは苦戦しているブランド企業の立て直しの話だった。だが、そこに戻るつもりはなかった。ある朝、日本経済新聞に目を落とすと、そこに「フクビズ」の公募が載っていた。実はバリーの社長時代、妻の実家に行った際にたまたま朝日新聞の「フロントランナー」というコラムに「f-Bizモデル」を作った小出宗昭・富士市産業支援センター長が取り上げられていたのを見ていた。面白い取り組みだなと思った記憶が、その瞬間、蘇ったのだった。富士市での産業支援の取り組みに成功した小出氏は、それをf-Bizモデルと名付け、全国に展開していた。国と地方自治体が月50万円ずつの人件費を負担してビジネス界で実績を積んだ人材をセンター長やプロジェクトマネジャーとして採用する。月100万円、年俸1200万円という金額は、一流企業の経営陣から見れば決して高くないが、かといって歯牙にも掛けない低賃金というわけではない。腕に自信のあるビジネスマンが公募に応じ、厳しい審査の上、任命される。しかも契約は1年。成果が上がらなければ即クビ、というものだ。福山市に設けられた「フクビズ」のセンター長には、当時37歳の高村亨氏が決まっていて、開設準備が進んでいた。高村氏はIT企業で10年余り勤めた後、ベンチャー企業の立ち上げに参加した経験を持つ若手ビジネスマンだ。数々の転職を経験してきた池内さんだったが、それまですべての転職で、年俸は増え続けていた。いわゆるステップアップを続けてきたのだ。フクビズの公募に応じれば、初めて年俸が下がることになるが、「問題はお金ではなかった」と池内さんは明かす。

実は、池内さんは実の母を中学生の時に亡くしている。その母の出身地は広島県の尾道だった。家出をして尾道の母の実家に身を寄せたこともある。心のふるさとなのだ。その尾道は福山のすぐ隣だ。実際、福山に住んで、母の墓参りも気軽に行けるようになった。「公募の記事を見た時、運命的なものを感じました」と池内さんは言う。いつか尾道に住みたいと思っていたのが実現すること。偶然、小出氏のモデルを知っていて、それと公募の記事が記憶で結びついたこと。そして、何より、今までの自分の経験が生かせると感じたこと。「ホップ」に当たるプランタン銀座では、14年間の会社員生活の中で、小売業の基本を身につけた。フロアマネジャーやパリ駐在など、若くして「一国一城の主」を偶然にも経験し、誰にも負けない自信ができた。「ステップ」の外資系での17年間では、ブランド・マーケティングという「専門領域」を極める経験を積んだ。世界最強とも言えるいくつかのブランドに関わり、最後はブランド企業の日本法人社長に登りつめた。専門を突き詰め、誰にも負けない地位を築いたわけだ。そして「ジャンプ」と言えるフクビズでの相談役は、ふるさとのため、地域の企業のために、これまでの知識と経験をフル活用する立場になった。そして出だし早々、「福山ファクトリーギルド」という地域ブランドを立ち上げることに貢献する。だが、どうやら池内さんが目指す本当の「ジャンプ」はまだまだこれからのようだ。「最後は、自分自身でブランドを作ってみたい」という池内さん。詳しくは語らないが、着実にそのプランは実現に向かっている。(執筆、写真:磯山友幸、デザイン:九喜洋介)

第1歩目は、14年間勤めたプランタン銀座だ。でも中学の時からファッションには興味があり、渋谷や吉祥寺を遊び歩いたという。出身の成蹊大学もその吉祥寺にある。その後の人生を決めるのは、29歳でパリ駐在を命じられたことだろう。たった1人で商品の買い付け担当になり、6年を過ごす。のちにブランディングを専門とする素地がここで育まれた。海外赴任が人生の転機となるケースは多い。言うまでもなく視野が広がり、外国人を相手にして自分の持ち味を鍛えられることが大きい。現地にネットワークもできる。でも、それに加えて意外と知られていないのは、パリのような観光都市で生活すると、そこで出逢う日本人との関係も密になることだ。私はたった1年3カ月しかパリに住んではいなかったが、その間に訪れたお客様とは、東京にいるよりじっくりコミュニケーションができた。谷川俊太郎さんとはスイスのGATTでのイベントで遭遇し、その後アルプス観光をご一緒した。坂村健さんはフランス政府の招きで人里離れたベルサイユのホテルをあてがわれていたが、車で救出し我が家で蕎麦を食べてもらった。そういう濃い体験を共有できるのだ。アジアのハブ、シンガポールに移住する人が多いのも頷ける。池内さんの第2歩目は華麗だ。ウォルト・ディズニー・ジャパンを皮切りに、17年間、外資系高級ブランドを渡り歩いた。エルメスの銀座本店店長を務めた頃にはブランド・マーケティングのプロになっていた。その後、48歳でジョージジェンセン社長、さらに高級皮革ブランド「バリー」日本法人社長と続く。赤字体質を改善し短期間での立て直しも成し遂げたのだから、プロ経営者としての顔もできた。この経歴を引っさげれば、沈滞した老舗を見事に蘇らせる仕事のオファーは、行列ができるくらい来ただろう。しかし、父親が倒れ、介護が必要になる。2015年には復帰が可能になったが、日本法人のトップとはいえ、人に仕える身はもう十分だったのではないだろうか。2017年から広島県福山市のビジネスサポートセンター「フクビズ」の公募に応じてプロジェクトマネジャーに就任。初めて年俸が下がることになるが、母の出身地・尾道に近いことで、運命を感じたのだという。自分をどういう磁場に置くか。どこで学び、どこで働くか。どんなコミュニティに自分の居場所を作れば、人々のエネルギーが渦巻いて流れ込んでくるのか。こうしたポジショニングのセンスが、後半からの人生を豊かにする鍵になる。池内さんはすでに「福山ファクトリーギルド」という地域ブランドを立ち上げ、ここでも話題になってはいるが、3歩目のジャンプはまだこれから。「フクビズ」でのキャリアは、あえて2.5歩目と言うべきだろう。1歩目、2歩目で養ったブランディングの技術を福山でも応用可能かどうか試している段階だから。例えて言えば、義務教育を終え、大学で専門を持ったが、今は修士を取りに大学院に行っている感じで、博士(ドクター)はその先にある。池内さん自身、「最後は自分自身でブランドを作ってみたい」と語っている。ブランディングの基礎を習得し、ブランド・マネジメントで実績を積んだファンづくりのプロである池内さんが、60代から何をおっぱじめるか、目が離せない。

関連記事

  1. オリジナル

    【櫻田謙悟】キャリアプランを立てるのは、やめろ

    2019/9/24最大の転機はアジア開発銀行私のビジネスパーソンとし…

  2. オリジナル

    【櫻田謙悟】人間の哲学や価値観は、25歳までに決まる

    2019/9/22アンチ権力、協調性なし私は20代半ばまでアンチ権力…

  3. オリジナル

    【藤野英人】次世代に伝えるべき「マネーリテラシー」の本質

    2019/10/27投資家視点で「人生を切り開く戦略」を提案する、カ…

  4. オリジナル

    【櫻田謙悟】攻撃は最大の防御。弱みを見せてはいけない

    2019/9/26忘れられた存在アジア開発銀行での4年間の勤務を終え…

  5. オリジナル

    【櫻田謙悟】就活で会社や職業を決められるわけがない

    2019/9/23「普通では駄目なのだ」ケインズなどを一生懸命に勉強…

  6. オリジナル

    【厳選20校】名門ボーディングスクールに、入学する方法

    2019/10/31国境を超え、教育熱心な親たちを魅了する名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カジノ

    マカオ政府、2019年度の全市民への現金配布作業完了…1人あたり約13.3万円、…
  2. スポーツ

    ラグビーW杯がある日本の風景ーラガー外交官・奥克彦さんの夢実現
  3. エンタメ

    「監察医 朝顔」上野樹里“たった5秒の入浴シーン”に垣間見えたプロの矜持
  4. ニュース

    マラソン 小池知事「北方領土でやったらどうか」
  5. エンタメ

    徳井謹慎は「全然ない」吉本興業はコンプラ強化へ
PAGE TOP