エンタメ

「金ピカ先生」死す…カリスマ予備校講師の佐藤忠志さん68歳、自宅で

予備校のカリスマ英語講師で、「金ピカ先生」の愛称でタレント活動もしていた佐藤忠志(さとう・ただし)さんが、都内の自宅で死去していたことが24日、分かった。68歳だった。

佐藤さんは生活保護を受け、独り暮らしだったが、関係者によると、デイケアセンターの職員がこの日、自宅を訪問したところ、冷たくなっている佐藤さんを発見したという。死因は不明。司法解剖が行われる。

1980年代、コワモテの顔に金のネックレスの風貌でありながら、代々木ゼミナール、東進ハイスクールなどの予備校で生徒から絶大な支持を受けていた佐藤さん。人気が高じてタレント業にも進出し、「全盛期には年収2億円超えた」とも語っていた。87年には秋元康氏がプロデュースした「1度きりだぜ人生は―花の受験生応援歌―」で“歌手デビュー”するなど、華々しい生活を送っていたが、近年は寂しいものだった。

2009年、それまで一度も訪問したことがなかった鹿児島・種子島の西之表市長選に出馬。本名よりも知られている「金ピカ先生」の名前で届け出たが、惨敗した。その後は2度の脳梗塞と心筋梗塞を患ったこともあり、表舞台から姿を消した。

18年のスポーツ報知のインタビューでは、日本に1台しかないというクラシックカーを購入する“車道楽”や暴力などが原因で夫人とけんかし、16年ごろから別居していることを告白。離婚調停中だった。自らの生活について「隠居。生きる屍(しかばね)ですよ」と自虐的に話し、朝から酒をあおるなど、不摂生を続けていたが、それまでの人生を「バラ色」とも語っていた。

◆佐藤 忠志(さとう・ただし)1951年5月4日、東京都生まれ。慶応大学法学部政治学科卒。筑波大学大学院修了。77年に代々木ゼミナール講師となり、旺文社の大学受験ラジオ講座担当。88年、東進ハイスクールへ移籍。「金ピカ先生」の愛称で知られ、40万部突破の「ズバリ!合格の英単語」など参考書、著書多数。タレントとしても活動し、テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!」やVシネマ、ドラマに出演。拓殖大では客員教授も務めた。2001年に参院選、09年に鹿児島県西之表市長選に立候補するも落選した。

栗山監督が辞意伝えていた…球団は手腕評価慰留へ前のページ

『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    天敵に襲われ驚愕、思わず片足立ちのマーモット 野生動物写真の大賞受賞

    キツネの襲来に恐怖し、思わず片足立ちの姿勢を取るマーモット(…

  2. エンタメ

    ジャニーズ新体制 ジュリー氏社長、滝沢氏が副社長

    今年7月に社長のジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなったジャニーズ事…

  3. エンタメ

    りんごちゃんの人気はいつまで続く? “2周目” を左右する「重大なカギ」

    少しふっくらした見た目に清楚系ファッション。笑顔でおしとやかな受け答…

  4. エンタメ

    矢作萌夏、涙でAKB48卒業を発表「未来に羽ばたきたいと思います」

     アイドルグループ・AKB48の矢作萌夏(17)が27日、MCを務め…

  5. エンタメ

    申告漏れチュート徳井 業界“タブー”の「個人事務所」吉本のイメージまた失墜か

     お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(44)が、東京国税局に20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【必見】失敗こそ、「最高の学び」だ
  2. エンタメ

    NMBのうどんキャラ・川上礼奈が涙の卒業 芸能活動は継続
  3. ニュース

    ボクシング判定、新システム検討 IOC主導で
  4. エンタメ

    美輪明宏 全国公演中止を発表 11日に軽い脳梗塞と診断
  5. エンタメ

    中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニメーター)8…
PAGE TOP