スポーツ

「4年前は失敗。浮かれていた」競泳世界王者・瀬戸大也が捨てた甘え〈週刊朝日〉

2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する「2020の肖像」。第1回は開会式翌日から始まる競泳、男子個人メドレーの瀬戸大也(25)。16年リオデジャネイロ五輪で表彰台に上ったものの、頂点は遠かった。あれから3年。世界王者に返り咲き、2度目の五輪切符をもぎとった。「後悔はしたくない」。苦い経験の数々が、彼を変えた。朝日新聞社スポーツ部の清水寿之氏が、その成長の軌跡を綴る。

日本競泳界のエースであることを、結果で示した。

2019年7月に韓国・光州で行われた世界選手権で、200メートル、400メートルの個人メドレー2冠を達成した。世界選手権で手にした金メダルの総数は、13、15年大会で連覇した400メートル個人メドレーと合わせて四つに。通算3つの金メダルを取った男子平泳ぎの北島康介を抜き、日本選手の歴代最多に躍り出た。

今大会で表彰台の中央に立った日本選手は、瀬戸1人だけ。200メートルバタフライの銀を含む3つのメダルは、日本代表が獲得した総メダル(6個)の半分を占める。

「あそこまでは100点の大会。最後に甘さがあって80点の大会になってしまった」

そう苦笑いしながら振り返るレースにこそ、瀬戸の確かな成長がつまっていた。

大会の最終日にあった400メートル個人メドレー決勝。3泳法目の平泳ぎを終えた時点で2番手を3秒以上引き離していたが、最後の自由形に入って失速する。

「抜け出しているのが分かって、気の緩みがあった。疲れがどっと出る要因になったと思う」

残り15メートル。2位の選手に背後まで迫られた。「来ているのは分かっていた」。息継ぎの時間も惜しんで必死に水をかき、0秒27差で逃げ切った。

「この種目は最低でも金、最高でも金と言ってきた。目標を達成できてよかった」

しみじみと言った。

何があっても、トップの座は譲らない。そんな気迫あふれる姿を見せたのは、久しぶりだった。

17年7月の世界選手権。400メートル個人メドレーでは、日本選手として初めての大会3連覇がかかっていた。しかし、結果は銅メダル。開催地のハンガリーから自宅へ戻ると、大会の2カ月前に結婚したばかりだった妻で元飛び込み選手の優佳さん(24)を前に、後悔を口にした。

「守りに入っていた」

その春に大学を卒業し、社会人としての第一歩を踏み出したばかりだった。家族を支えなければならないという責任感と、膨らむ周囲の期待。それらに応えようとすればするほど、重圧は大きくなった。最低限でもいいから結果が欲しい。消極的な考え方に陥り、銅メダルで満足している自分がいたことに、気づいた。

元々飽きっぽい性格で、「練習せずに速くなれるのが一番」と話すほどの練習嫌い。友人に誘われれば、早朝練習があっても前夜に家を抜け出していたのが、変わった。

苦手としていた疲れた体で全速力に近いスピードを出す練習からも逃げなくなった。寝るときは疲労回復に効果があるとされる衣服に身を包む。体にいいとされるものは、何でも貪欲(どんよく)に採り入れるようになった。競技と向き合う真剣さが増した。

「練習を終えて帰ってくると、疲れた顔をしながらも、そこには自信があふれている」

優佳さんはそう話す。

瀬戸は5歳で水泳を始め、上級生の練習の見よう見まねで4泳法を身につけた。リオ五輪金メダルの萩野公介は同学年で、幼少期から競い合ってきた。中学時代から個人メドレーの中学記録を打ち立てるなど活躍。13年世界選手権の400メートル個人メドレーでの優勝は、世界選手権・五輪を通じてこの種目での日本勢初優勝だった。

今夏につかんだ金メダルで、瀬戸は早々と、日本水泳連盟の五輪代表内定基準をクリアした。ほかの日本選手は来年4月の日本選手権で出場権の獲得を目指すことになる。夏の五輪を前に一度、調子をピークへ持っていかなければいけないのに対し、瀬戸はじっくりと調整できる時間を得た。

五輪前年の世界選手権で優勝し、五輪出場を内定させたのは4年前も同じだった。だが、リオ五輪までの過ごし方を思い出すと、瀬戸はいまでも顔をしかめる。

「4年前は失敗。初めて五輪に出られるのがうれしくて、浮かれていた」

15年夏の世界選手権後に取ったオフは、「不摂生どころじゃない」。酒を飲み、焼き肉をほおばった。両かかとを手術した影響で始動も遅れ、秋に取材で再会したときには体重が4キロほど増えていた。隆々としていたはずの筋肉の上に、うっすらと脂肪がのっていたのを覚えている。

16年4月の日本選手権。世界王者としてすでにリオ五輪出場を決めていた400メートル個人メドレーでは、五輪への派遣標準記録から1秒以上遅れた。200メートル個人メドレーでは2位までに入れず、出場権を逃した。それでも、危機感は薄かった。

「五輪本番は勢いで戦えるだろうと。甘い考えだった」

リオ五輪の400メートル個人メドレーでは銅メダル。目標としていた金メダルには、届かなかった。

「4年前とは全然、考え方が違う。すごく落ち着いている」

瀬戸はそう言う。頭の中に、お手本とする姿が焼き付いている。リオ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵だ。

リオ五輪直前に米国で行った日本代表の高地合宿で一緒だった。金メダルの最有力候補と言われていた金藤は、誰よりも長くプールで泳ぎ、トレーニングルームでは、鬼気迫る表情でバーベルを上げていた。瀬戸は強い衝撃を受けた。

「やり残しがないように頑張っていたのが印象的だった。あそこまでやっても、金メダルを取れるかどうか分からないのが五輪。あのときの自分は、金メダルの器ではなかった」

今年8月に取った約2週間のオフ。瀬戸はその一部を使って韓国を再び訪れ、08年北京五輪男子400メートル自由形の金メダリスト、朴泰桓(パクテファン)の練習に交ぜてもらった。

「彼の泳ぎはきれいで、速い。苦手なところを学びたかった」

計6日プールへ通い、彼の泳ぎに目を凝らした。

9月1日には豪州へと旅立った。多くの五輪選手を指導したマイケル・ボール氏の下で泳ぎこみ、東京五輪を見据えた強化の土台づくりを進める。秋には米国での高地合宿も予定している。

「来年に向けて、これから何度も山にのぼる。嫌いなところで、嫌いなトレーニングをみっちりやりたい。覚悟はできている。やり残しがないようにしたい」

今回の豪州での自主トレーニングには、妻の優佳さんと1歳の長女も同行している。東京五輪までは海外などでの合宿が続き、父親不在の時間が増えるぶん、少しでも家族との時間を大切にしたいとの考えからだ。

「一緒にいてくれると、心のケアもしてもらえる」

新しい家族の支えを追い風に、一切の甘えを捨て、ただひたすらに強さと速さを追い求める。4年の時を経て、瀬戸は迷いなく突き進んでいる。

西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ前のページ

AKB「デートチケット」販売発表 運営「誤解を与えた」謝罪→訂正次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応

    <天皇杯:浦和0-2ホンダFC>◇4回戦◇25日◇埼玉浦和レ…

  2. スポーツ

    大坂なおみが日本国籍選択 来年の東京五輪に向け手続き/テニス

     日米両国の国籍を持ち、女子テニスのシングルス世界ランキング3位の大…

  3. スポーツ

    8敗目ダルビッシュ、試合後大荒れ 「人生で最悪。きょうは勝たなきゃいけなかった」

    22日のカージナルス戦でダルビッシュ有投手(33)が9回途中降板し8…

  4. スポーツ

    慶應アメフト部が無期限の活動自粛を表明 男子部員が女子風呂を盗撮か

    慶應義塾大アメリカンフットボール部が無期限で活動を自粛する。10月1…

  5. スポーツ

    【ラグビーW杯】イングランドの“ハカ奇襲”に罰金の可能性 英紙指摘「制裁がなければ驚きだ」

    センターライン越えを問題視、週明けにワールドラグビーが審議と報道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    織田裕二、「頭取」再任!松嶋菜々子とのドラマ2年ぶり復活
  2. エンタメ

    来秋朝ドラ“ヒロイン”は杉咲花「パワーと勇気を」 103作目『おちょやん』に決定…
  3. ニュース

    血液クレンジング炎上騒動で考えるネットとメディアの話題のスパイラル
  4. エンタメ

    Matt、1周回って好きに? “Matt化”現象に見る異質キャラ定着の妙
  5. ニュース

    河野防衛相「雨男」発言を陳謝 「不快な思いさせた」
PAGE TOP