エンタメ

“出しゃばり”松岡茉優に共演者困惑 佐藤健&鈴木亮平らイジり「汚い」「『西郷どん』はどこいった!」

俳優の佐藤健(30)、鈴木亮平(36)、松岡茉優(24)、佐々木蔵之介(51)、音尾琢真(43)、白石和彌監督(44)が25日、都内で行われた映画『ひとよ(一夜)』ジャパンプレミア試写会に登場。司会者の仕事を奪うほど佐藤や鈴木らに質問攻め&ボケを連発した松岡の姿に、共演者は困惑し「仕事を取るんじゃない!」「しゃしゃるな!」と注意をしていた。

原作は『鶴屋南北戯曲賞』『読売文学賞戯曲・シナリオ賞』などを受賞した劇作家・桑原裕子氏が率いる“劇団KAKUTA”の同名の代表舞台作品。15年前、ある家族に事件が起こり、母と子どもたち3兄妹の運命が狂ってしまい別の人生を歩み、再会を果たし、葛藤と戸惑いの中、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける物語。

佐藤が演じるのは、15年前の事件に縛られ、家族と距離を置き、東京でフリーライターとして働く次男・稲村雄二。家庭を持つが夫婦関係に悩み、人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹を鈴木、事件の影響で、美容師への夢を諦め、スナックで働きながら生計をたてる妹の園子を松岡が演じるなど、佐藤、鈴木、松岡は三兄妹として登場する。

司会者から「白石監督作品に三兄妹として出演してみての感想」を聞かれると、松岡は「だんご? 3兄弟と言えば『だんご3兄弟』ですし、初めて買ったCDも『だんご3兄弟』なので」とボケ。ゆるい空気になったのを見かねた主演の佐藤は「どの現場よりも力が抜けたと思います。他力本願スタイルで準備もほとんどしていないですね。それができたのは白石組だからです」と振り返り「白石作品に出演することになったら、『こういう役作りをしよう』と勝手に想定していました。このお話をいただけたのは、それくらい念願叶ってのお仕事でした」と告白。

想定していた役は「今よりも身体の線を太くして、体内を汚して挑もうと…」と明かすと、松岡は「この映画の佐藤さんは汚いですよ! びっくりするくらい汚い。こんなにきれいな顔をしているのに!」とイジられる一幕が。これに佐藤は「あんまり言うな! 傷つくだろ! 自分で言うのはいいけど、女性から言われると悲しくなる」と嘆いていた。

一方、鈴木は珍しく劇中で頼りない男を演じため「僕は活発な役が多かったりするので、こういう内向的な役をやらせていただき感謝しています」と話すと、再び松岡が「今まで見たことのない佐藤健さん、そして今まで見たことのない頼りない鈴木亮平さん。『西郷どん』はどこいった!という」とイジリながら見どころをアピール。司会者顔負けの映画PRに音尾から「仕事を取るんじゃない!」「しゃしゃるな!」と注意を受けると、松岡は「すみません、出しゃばり…」とドヤ顔していた。

Aマッソの差別発言、大坂なおみ選手の事務所に謝罪前のページ

松井珠理奈が再び活動休止 SKE「全力で取り組むことが現時点では難しい」次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    平原綾香に称賛 国歌独唱なぜ難しいのか

    シンガーソングライターの平原綾香が20日に都内で行われたラグビーワー…

  2. エンタメ

    チュート徳井、日テレからも消える…TBS、フジに続き当面出演見合わせ発表

     7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、…

  3. エンタメ

    織田裕二、「頭取」再任!松嶋菜々子とのドラマ2年ぶり復活

     俳優、織田裕二(51)が主演し、女優、松嶋菜々子(46)との共演で…

  4. エンタメ

    朝日奈央、上期111番組出演もブレイク実感なし 街中でも「キャーキャー言われない」と嘆き

    元「アイドリング!!!」のメンバーでタレントの朝日奈央(25)が24…

  5. エンタメ

    「鬼滅の刃」が舞台化!2020年1月に上演

    週刊少年ジャンプで連載中の吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」が舞台化さ…

  6. エンタメ

    ASKA 剣道大会で優勝! 本名で参加、鮮やか四段の剣さばき

     歌手のASKA(61)が20日、東京・滝野川体育館で行われた北区剣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【3分解説】泥沼ブレグジット。期限「3度目延期」のポイント
  2. エンタメ

    TBS「ビビット」4年半で幕 全1162回 国分「この経験を生かし、突っ走ってい…
  3. スポーツ

    中居正広「東京ドームの観客席から『慎之助~♪』と何度、声を枯らし叫んだことか」巨…
  4. オリジナル

    外資ブランドを渡り歩いた男。次なる挑戦は「福山の地方企業支援」
  5. エンタメ

    来秋朝ドラ“ヒロイン”は杉咲花「パワーと勇気を」 103作目『おちょやん』に決定…
PAGE TOP