スポーツ

東日本大震災の被災地・釜石で初開催のW杯 ウルグアイがフィジーを破る番狂わせ

◇ラグビーW杯1次リーグD組 ウルグアイ30―27フィジー(2019年9月25日 釜石復興)

東日本大震災の被災地・釜石で初めて開催されたW杯は、世界ランキング19位のウルグアイが同10位のフィジーを破る番狂わせを起こし、白星スタートを切った。

津波で流された小中学校の跡地に建てられた今大会唯一の新設会場・岩手県釜石市の鵜住居復興スタジアムには、かつて日本選手権7連覇を果たした新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)のOB、地元のファンや小学生、フィジーやウルグアイから訪れたサポーターなど1万4025人が詰めかけ、秋篠宮ご夫妻も観戦された。

試合前には航空自衛隊の「ブルーインパルス」が上空を飛行して雰囲気を盛り上げ、キックオフ直前には震災の犠牲者に黙祷がささげられた。試合はフィジーとウルグアイが交互にトライを取り合い、前半21分でウルグアイが14―12とリードするスリリングな展開。だが、ウルグアイはスクラムで立て続けに反則を取られるなど劣勢ながら、ひたむきなディフェンスと素早い集散で対抗し、前半23分のトライで21―12とリードすると、後半もPGで加点して逃げ切った。1試合30得点はW杯初勝利を挙げた99年大会スペイン戦の27点を抜く、同国のW杯最多得点記録となった。

フィジーは初戦のオーストラリア戦に続いて2連敗。ウルグアイを上回る5トライを挙げながらも、パスミスと再三ゴールキックを外したことが響き、対ウルグアイでは4試合目で初黒星となった。

東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響前のページ

『孤独のグルメ』シリーズ継続の秘訣は 「松重豊を飽きさせないこと」次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    ロッテ福浦、超美技で現役に幕… ダイビングで引退試合締め「皆さんの声援が力に」

    7番DHで先発→9回に一塁の守備へ 打席は遊ゴロ、投ゴロ、右飛、捕飛…

  2. スポーツ

    巨人に提供のサプリメント 微量の禁止物質検出

    巨人は25日、オフィシャルサプライヤー契約を締結しているドームがWA…

  3. スポーツ

    ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了

    <ラグビーW杯:ウェールズ29-25オーストラリア>◇29日◇味の素…

  4. スポーツ

    伊調馨がコメント「選手・指導者として力尽くす」

    レスリング女子の伊調馨(35)が24日、所属のALSOKを通じ注目さ…

  5. スポーツ

    「暴力問題」貴ノ富士に自主引退促す決議、日本相撲協会・理事会で 本人は徹底抗戦、27日に会見予定

    日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、2度目の暴力問…

  6. スポーツ

    さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

    感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩
  2. オリジナル

    強いリーダーたちにこそ必要な「セルフ・コンパッション」とは?
  3. エンタメ

    織田裕二、「頭取」再任!松嶋菜々子とのドラマ2年ぶり復活
  4. オリジナル

    【証言】脱落者続出! EVベンチャーの生存者の秘密
  5. スポーツ

    女性のサッカー観戦、40年ぶり解禁 割り当てチケット即時完売 イラン
PAGE TOP