スポーツ

東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響

東日本大震災の被災地で唯一、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場となった岩手県釜石市で25日に行われたフィジーとウルグアイ戦。試合前、「マスコットキッズ」としてウルグアイの主将と一緒に入場した東京都の青木創太くん(8)が選手と一緒に国歌を斉唱した姿が反響を呼んでいる。

W杯の公式ツイッターは「素晴らしい瞬間」として、ウルグアイの選手が青木くんと肩を組んで国歌を歌い、斉唱後に青木くんの頭をなでて敬意を表する姿を紹介した。

川崎市ラグビースクールに通う青木くんは「友達は野球やサッカーと比べてラグビーをあまり知らない。だから、僕がラグビーやW杯の面白さを伝えたい」と、大会公式スポンサーのランドローバーが募った、選手と一緒に入場するマスコットキッズに応募。8月下旬にウルグアイとの入場が決まると、元日本代表主将の廣瀬俊朗さんらが立ち上げた参加チームの国歌を覚えるプロジェクト「スクラムユニゾン」が公開している動画を見て、スペイン語の歌詞を覚えたという。

試合は格下のウルグアイが、懸命の防御と仕事量でフィジーを破る番狂わせを演じた。

試合後、フアンマヌエル・ガミナラ主将は報道陣に対して自ら「とても驚いたことがあった」と切り出した。「僕と一緒に入場した子どもが国歌を一緒に歌ってくれたんだ。自分の国にいるように感じた。日本の皆さんに感謝したい」と述べ、「ありがとう」と日本語でお礼した。

ウルグアイのW杯での勝利は2003年大会のジョージア戦以来。青木くんの頑張りが、ウルグアイの16年ぶりの白星に力になったかもしれない。(野村周平)

完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応前のページ

東日本大震災の被災地・釜石で初開催のW杯 ウルグアイがフィジーを破る番狂わせ次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応

    <天皇杯:浦和0-2ホンダFC>◇4回戦◇25日◇埼玉浦和レ…

  2. スポーツ

    大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか

    突然の発表となった左膝の手術で大リーグ2年目のシーズンを終えた大谷翔…

  3. スポーツ

    西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ

    西武・秋山翔吾外野手(31)が今オフに海外フリーエージェント(FA)…

  4. スポーツ

    高橋大輔がアイスダンス転向発表 村元哉中とカップル結成 20-21年から競技会挑戦

    日本スケート連盟が26日、フィギュアスケートの村元哉中と高橋大輔がア…

  5. スポーツ

    西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」

    西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【櫻田謙悟】人間の哲学や価値観は、25歳までに決まる
  2. エンタメ

    チュート徳井、日テレからも消える…TBS、フジに続き当面出演見合わせ発表
  3. スポーツ

    ラグビーW杯、食品持ち込みOK 飲料はこれまで通り禁止
  4. ニュース

    「ポイント還元制度は不公平」イオン社長が不満示す
  5. エンタメ

    木下優樹菜、学園祭トークショー中止「セキュリティ上の問題」
PAGE TOP