スポーツ

横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」

横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとして、問題視する声が現役部員から上がっていることが25日分かった。平田徹監督(36)がこうした暴言を黙認し、自身も暴力を振るっていたという指摘もある。神奈川新聞の取材に複数の部員が証言した。学校側は「事実なのか調べなければいけない」としている。

現役部員によると、金子部長が日常的に「死ね」「殺すぞ」「やめちまえ」「クビだ」といった暴言を頻発しているのを、多くの部員が見聞きしているという。また複数の部員が「金子部長が、平手で部員の胸の辺りを突き飛ばしているのを見たことがある」と話した。

平田監督はこうした暴言や暴力を横で見聞きしていても黙認しているという。

また別の部員は、今年8月中旬、平田監督が練習中に、約40人の全部員をグラウンドに集め、練習でミスを重ねた部員の首を両手でわしづかみにして揺さぶり「なんでできないんだ」「だから使いたくないんだ」などと罵倒するのを目撃した。部員の首筋に残った爪の跡を、複数の部員が「見た」と話している。

神奈川新聞の取材に、金子部長は「『クビだ』は言ったかもしれないが『死ね』や『殺すぞ』は絶対に言っていない。手を出したことも一切ない」と答えた。その上で、「感情的になってしまい、自分自身を見失ったときもある。大いに反省しなければいけない」とした。

平田監督は金子部長の言動について「見聞きしていない」と否定。自身の暴力については「つかんだのは首ではなく肩。首の後ろの傷は、私が付けたものではない、と言い切れない」と答えた。練習中に激高し物を投げつけたことがあるとした上で「チームの成績が悪く、横浜高校という名門の看板を背負うことによるプレッシャーもあった。私に人間力がないということ」と話した。

横浜高校は「指摘されていることが事実なのか。どのような形で行われたのか。本校として調査する。できる限りの対応をしたい」(三原馨校長代理)としている。

横浜高校野球部は、春夏5度の全国制覇を誇る高校野球界の名門。1968年からチームを率いていた渡辺元智前監督から2015年秋に平田監督が引き継ぎ、金子部長が就任した。16年から夏の神奈川大会3連覇を成し遂げたが、今夏は県立相模原高校に敗れ8強、県秋季大会も桐光学園に負け8強に終わった。

18歳FWロドリゴが衝撃のデビュー弾!初出場から1分で初得点…レアルは3連勝前のページ

暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    米国で進化するサニブラウン=決勝へ、カギはスタート-世界陸上27日開幕

    陸上の世界選手権が9月27日から10月6日まで、ドーハで開催される。…

  2. スポーツ

    【MLB】ダルビッシュ、8回まで1失点12K快投も…9回に2失点で逆転許し無念8敗目、地区V消滅

    カブスは6連敗でPO進出は厳しく…元Gマイコラスは8回途中2失点と快…

  3. スポーツ

    イングランドに罰金=「ハカ」対抗で違反行為-ラグビーW杯

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の準決勝で、試合前にニュー…

  4. スポーツ

    さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

    感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指してい…

  5. スポーツ

    「暴力問題」貴ノ富士に自主引退促す決議、日本相撲協会・理事会で 本人は徹底抗戦、27日に会見予定

    日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、2度目の暴力問…

  6. スポーツ

    栗山監督が辞意伝えていた…球団は手腕評価慰留へ

    日本ハム栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが24…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    笠りつ子が不適切発言について謝罪文を表明 今後についてはツアーを自粛
  2. オリジナル

    【正念場】寝具界の革命児・キャスパーが打ち出す「次の一手」
  3. エンタメ

    チュート徳井、日テレからも消える…TBS、フジに続き当面出演見合わせ発表
  4. エンタメ

    美輪明宏 全国公演中止を発表 11日に軽い脳梗塞と診断
  5. オリジナル

    【核心】GAFAとは違う。なぜ「カナダのAI」が頼られるのか
PAGE TOP