スポーツ

暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か

「陸上・世界選手権」(27日開幕、ドーハ)

東京も人ごとではない?開催地・ドーハのしゃく熱ぶりが混乱を呼ぶ可能性が出てきた。現在のドーハは日中は42、3度まで上がり、夜も30度超え。夜は湿度が上がり、80パーセント近くになる。フランスのニュース専門放送局「フランス・アンフォ」は、猛暑のため、「非常の高い気温が国際的なイベント混乱させる可能性がある」とし、初日の女子マラソンと、2日目の男女50キロ競歩について「取り消される可能性がある」と、中止となる可能性を報じた。

今大会は暑さを考慮し、マラソンは深夜の23時59分スタート、男女50キロ競歩は23時30分スタートとなっているが、当初の想定よりも連日高気温となっており、湿度もともなって、過酷な環境となっている。この日、再選が決まった国際陸連のセバスチャン・コー会長も「問題は湿度。アスリートにとっては難しい状況になっている」と、認めた。ロシアの通信社・タス通信によると、今後数日間は37度以上、高湿度の日が続くという。この日、大会前会見に出席した日本の女子マラソン3選手も、「生活してるだけに熱中症の危険がある」(中野)、「ムアっとした感じで、ジョグしてるだけでもウエアが絞れるぐらいぐちゃぐちゃになる」(谷本)、「湿度で思ったよりも体力を消耗している。水分の取り方、取るものを気をつけないと」(池満)と、想定以上の暑さへの対策に思いを巡らせた。

「フランス・アンフォ」によると、レースの有無はスタートの1時間前までに決定するという。男子50キロ競歩のヨハン・ディニズ(フランス)は同局に「競技会の場所に異常があるのは問題。イベントが開催される国の気候条件を考える必要がある」と、コメントした。ドーハと同じく暑さが懸念される東京五輪を控える中、今大会を“仮想東京五輪”とみる関係者は多い。暑さによる開催可否の判断は、1年後の五輪へも影響する可能性がある。

横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」前のページ

西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    DeNA、2位確定で2年ぶりCS進出決定! 中日はCS逃し、7年連続Bクラス決定

    ◇セ・リーグ DeNA7―1中日(2019年9月24日 ナゴヤD)…

  2. スポーツ

    貴ノ富士、会見を強行した理由「親方に相談しても『引退しろ』としか言われなかった」

    付け人に対し2度の暴行問題を起こした十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=…

  3. スポーツ

    東日本大震災の被災地・釜石で初開催のW杯 ウルグアイがフィジーを破る番狂わせ

    ◇ラグビーW杯1次リーグD組 ウルグアイ30―27フィジー(2019…

  4. スポーツ

    飛び込み・13歳の玉井陸斗が最年少V「五輪への第一歩」世界選手権4位相当の高得点

    「飛び込み・日本選手権」(23日、金沢プール)男子高飛び込み…

  5. スポーツ

    東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響

    東日本大震災の被災地で唯一、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ニュース

    ロシアのSNS工作、正体隠す必要性で影響力低下=FB幹部
  2. エンタメ

    セリーヌ・ディオン世界ツアーでスタッフが感電事故
  3. オリジナル

    コナン、クレしん、ドラえもん……ヒットが続く定番アニメ映画の強み
  4. オリジナル

    【1週間要約】Airbnb「上場」の新潮流、アマゾンのEV大量調達
  5. オリジナル

    上から目線、やたらとダメ出しする人ほど「考えない人」が多い理由
PAGE TOP