エンタメ

宮沢りえ、31年ぶり「ぼくらの7日間戦争」アニメ版に声優出演…14歳映画初主演作

31年ぶりに出演する宮沢りえ

女優の宮沢りえ(46)が、12月13日公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督)に声優として出演することが29日、分かった。宮沢は1988年に公開された実写版「ぼくらの七日間戦争」で女優デビュー。映画初出演で主役の中山ひとみ役を演じた。今作は実写版から30年の時が流れた2020年の北海道が舞台の完全新作ストーリーで、4人組ダンスロックバンド「DISH//」の北村匠海(21)と女優・芳根京子(22)が主演の声を担当する。

14歳時に撮影された実写版から31年。シリーズ初のアニメ化となる今作は、古い石炭工場で出会ったタイ人の子ども・マレットを守るため、武装した入国管理局の撃退を子供が試みる―という物語。宮沢は“2020年の中山ひとみ”の声を務める。実写版では、仲間たちを鼓舞して大人たちに反抗した学級委員だったが、今回の役どころはまだベールに包まれている。

宮沢は、昭和が終わる直前に公開された「ぼくらの七日間戦争」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後、01年にはモスクワ国際映画祭で主演女優賞を、日本アカデミー賞では3度の最優秀主演女優賞に輝くなど、平成の大女優となった。

31年ぶりに「ぼくら―」に戻ってきた宮沢は「ささやかな出演ですが」と謙遜しつつも、「デビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』も皆さんの心を揺さぶる事が出来ます様に」と令和での出演に意気込んだ。

◆「ぼくらの七日間戦争」 累計発行部数2000万部以上を記録した宗田理氏の「ぼくら」シリーズが原作。1988年8月13日に公開された。監督は菅原比呂志監督。配給は東宝、製作は角川春樹氏。中学校の厳しい校則からの解放を求めた生徒と教師との攻防を描く。音楽は小室哲哉氏が担当し、主題歌はTM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」。

木村拓哉、音楽活動を始動 来年1月にアルバム発売で豪華アーティストが楽曲提供前のページ

「サザエさん」タラちゃんに妹がいた!幻キャラ・ヒトデがドラマで登場次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    杉本有美、7月に離婚していた「ちゃんとお伝えしたかった」

     10月25日、女優・杉本有美が離婚していたことを、カメラマン・萩庭…

  2. エンタメ

    山本美月・瀬戸康史が「パーフェクト」真剣交際

     女優の山本美月(28)と俳優の瀬戸康史(31)が交際していることが…

  3. エンタメ

    「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」人気芸人のネタに批判殺到 事務所は「配慮に欠く」と謝罪

    お笑いコンビAマッソが、ライブイベントで配慮に欠く発言をしたとして、…

  4. エンタメ

    ムーディ勝山が月収ゼロ告白 リングで反社と決別宣言

    いでよ、闇に落ちたクズ芸人たち! 今夏、吉本興業を中心とした「闇営業…

  5. エンタメ

    『IT/イット』金ローで地上波初放送!恐怖のピエロがテレビに登場

     作家スティーヴン・キングの代表作を映画化した2017年の大ヒット映…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    ミス・ジャパン女王の土屋太鳳の姉が激白「バッシングには傷ついたけど、前向きに…」…
  2. エンタメ

    8児の母・美奈子 事務所退社「今後のタレント活動は個人で」
  3. エンタメ

    月80万も!K–POPファンによる「自腹」交通広告の不思議
  4. オリジナル

    上司に案を却下されたとき、やってはならないことは
  5. オリジナル

    強いリーダーたちにこそ必要な「セルフ・コンパッション」とは?
PAGE TOP