エンタメ

梨花、テレビ時代の「残像」語る 実業家としてみせた本音

モデルの梨花(46)が手掛ける『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』の東京・代官山第1号店が29日、閉店した。セレモニーでは、同ブランドを愛用したファンたちと記念撮影に応じ、取材では「実業家でなく“モデル・梨花”としての代表作の一つになれた」と胸を張った。

 今年3月に自身のインスタグラムで年内で全店舗閉店することを発表した。7年前に代官山第1号店をオープン。長男が誕生してから4ヶ月後だった。最終日ということもあり、ショップにはオープン当初から通い続けていただいたファンが集結した。

 開店前には約500人が列を作り、来店客数も約2000人と、オープン時を彷彿させる光景が代官山エリア一帯に広がった。今までの感謝の気持ちをファンに伝えた梨花は、これまでの歩みを振り返りながら「初めてだらけのことばかりで、これぞ“がむしゃら”だった」と感慨深げな表情を浮かべた。

 一時的は、バラエティーを中心にテレビ番組で活躍し、多くの雑誌で誌面を飾った。一線級のモデルとして活動を続け、実業家としても成功を収めた。一方で自己分析で「すごいビビリで、意外と冒険心も少ない」とギャップのある回答をみせ「テレビや雑誌に出ていた当時の残像には敵わない」と本音を漏らす一幕も。

 時の流れと共に、自身の表現が変化していくなかで「全盛期の時に見てくれていた人口と、今を知ってくれている人口が違う。だから(当時の残像に)太刀打ちできないなと思いましたね」。その悩みを和らげたのが、ハワイ移住だという。

 子育てと仕事の両立に追われながらも「ハワイに行ったことで自分の価値観が変わった部分もある。私にも家族にも結果的によかったですね」。さまざまな形でファッションやライフスタイルを発信している梨花。『MAISON DE REEFUR』は一区切りとなるが「考えていることはある。楽しみに待っててほしい」とファンに呼びかけていた。

関連記事

  1. エンタメ

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

    少ない登場回数ながらも、またもやしっかりと爪痕を残したようだ。女優の…

  2. エンタメ

    広瀬すず、芸能界は「苦手意識が残っていた」 自身がスカウトした新人俳優に胸の内語る

    女優・松岡茉優が主演を務め松坂桃李が共演する映画『蜜蜂と遠雷』(10…

  3. エンタメ

    【独自】徳井義実さん会社 過去にも申告漏れ指摘

    「チュートリアル」の徳井義実さんが、およそ1億3,900万円の申告漏…

  4. エンタメ

    天皇陛下の即位祝う「国民祭典」、嵐が祝福の曲披露へ

    天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が11月9日、皇居前広場で開かれるこ…

  5. エンタメ

    中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニメーター)8月3日死去、86歳。…

    中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    松井珠理奈が再び活動休止 SKE「全力で取り組むことが現時点では難しい」
  2. エンタメ

    42歳クロちゃん、親からの仕送りは「固定給」主張 “親孝行”がしんどい芸人活動の…
  3. エンタメ

    山本美月・瀬戸康史が「パーフェクト」真剣交際
  4. ニュース

    アングル:グーグルの量子コンピューター、その意義と影響
  5. スポーツ

    貴ノ富士、会見を強行した理由「親方に相談しても『引退しろ』としか言われなかった」…
PAGE TOP