エンタメ

梨花、テレビ時代の「残像」語る 実業家としてみせた本音

モデルの梨花(46)が手掛ける『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』の東京・代官山第1号店が29日、閉店した。セレモニーでは、同ブランドを愛用したファンたちと記念撮影に応じ、取材では「実業家でなく“モデル・梨花”としての代表作の一つになれた」と胸を張った。

 今年3月に自身のインスタグラムで年内で全店舗閉店することを発表した。7年前に代官山第1号店をオープン。長男が誕生してから4ヶ月後だった。最終日ということもあり、ショップにはオープン当初から通い続けていただいたファンが集結した。

 開店前には約500人が列を作り、来店客数も約2000人と、オープン時を彷彿させる光景が代官山エリア一帯に広がった。今までの感謝の気持ちをファンに伝えた梨花は、これまでの歩みを振り返りながら「初めてだらけのことばかりで、これぞ“がむしゃら”だった」と感慨深げな表情を浮かべた。

 一時的は、バラエティーを中心にテレビ番組で活躍し、多くの雑誌で誌面を飾った。一線級のモデルとして活動を続け、実業家としても成功を収めた。一方で自己分析で「すごいビビリで、意外と冒険心も少ない」とギャップのある回答をみせ「テレビや雑誌に出ていた当時の残像には敵わない」と本音を漏らす一幕も。

 時の流れと共に、自身の表現が変化していくなかで「全盛期の時に見てくれていた人口と、今を知ってくれている人口が違う。だから(当時の残像に)太刀打ちできないなと思いましたね」。その悩みを和らげたのが、ハワイ移住だという。

 子育てと仕事の両立に追われながらも「ハワイに行ったことで自分の価値観が変わった部分もある。私にも家族にも結果的によかったですね」。さまざまな形でファッションやライフスタイルを発信している梨花。『MAISON DE REEFUR』は一区切りとなるが「考えていることはある。楽しみに待っててほしい」とファンに呼びかけていた。

「サザエさん」タラちゃんに妹がいた!幻キャラ・ヒトデがドラマで登場前のページ

ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    テレ朝会長「報ステ」セクハラCP重用説を否定「間違い」行為者には怒りにじませる

    テレビ朝日の定例会見が24日、東京・六本木の同局で行われた。看板ニュ…

  2. エンタメ

    朝日奈央、上期111番組出演もブレイク実感なし 街中でも「キャーキャー言われない」と嘆き

    元「アイドリング!!!」のメンバーでタレントの朝日奈央(25)が24…

  3. エンタメ

    内山くんが“胃袋がっちり婚”ビヨンセ似で料理上手の6歳年下美人と

     子役出身のタレント・内山信二(38)が結婚することが24日、分かっ…

  4. エンタメ

    ジャニーズ新体制 ジュリー氏社長、滝沢氏が副社長

    今年7月に社長のジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなったジャニーズ事…

  5. エンタメ

    『IT/イット』金ローで地上波初放送!恐怖のピエロがテレビに登場

     作家スティーヴン・キングの代表作を映画化した2017年の大ヒット映…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    山本美月・瀬戸康史が「パーフェクト」真剣交際
  2. ニュース

    貿易赤字8480億円=中国向け落ち込む-19年度上期
  3. オリジナル

    【新】30、40代へ。若者を潰す「教養のない」大人になるな
  4. スポーツ

    暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か…
  5. エンタメ

    TBS「ビビット」4年半で幕 全1162回 国分「この経験を生かし、突っ走ってい…
PAGE TOP