エンタメ

梨花、テレビ時代の「残像」語る 実業家としてみせた本音

モデルの梨花(46)が手掛ける『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』の東京・代官山第1号店が29日、閉店した。セレモニーでは、同ブランドを愛用したファンたちと記念撮影に応じ、取材では「実業家でなく“モデル・梨花”としての代表作の一つになれた」と胸を張った。

 今年3月に自身のインスタグラムで年内で全店舗閉店することを発表した。7年前に代官山第1号店をオープン。長男が誕生してから4ヶ月後だった。最終日ということもあり、ショップにはオープン当初から通い続けていただいたファンが集結した。

 開店前には約500人が列を作り、来店客数も約2000人と、オープン時を彷彿させる光景が代官山エリア一帯に広がった。今までの感謝の気持ちをファンに伝えた梨花は、これまでの歩みを振り返りながら「初めてだらけのことばかりで、これぞ“がむしゃら”だった」と感慨深げな表情を浮かべた。

 一時的は、バラエティーを中心にテレビ番組で活躍し、多くの雑誌で誌面を飾った。一線級のモデルとして活動を続け、実業家としても成功を収めた。一方で自己分析で「すごいビビリで、意外と冒険心も少ない」とギャップのある回答をみせ「テレビや雑誌に出ていた当時の残像には敵わない」と本音を漏らす一幕も。

 時の流れと共に、自身の表現が変化していくなかで「全盛期の時に見てくれていた人口と、今を知ってくれている人口が違う。だから(当時の残像に)太刀打ちできないなと思いましたね」。その悩みを和らげたのが、ハワイ移住だという。

 子育てと仕事の両立に追われながらも「ハワイに行ったことで自分の価値観が変わった部分もある。私にも家族にも結果的によかったですね」。さまざまな形でファッションやライフスタイルを発信している梨花。『MAISON DE REEFUR』は一区切りとなるが「考えていることはある。楽しみに待っててほしい」とファンに呼びかけていた。

「サザエさん」タラちゃんに妹がいた!幻キャラ・ヒトデがドラマで登場前のページ

ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    『孤独のグルメ』シリーズ継続の秘訣は 「松重豊を飽きさせないこと」

    テレビ東京系『孤独のグルメ Season8』が、10月4日よりドラマ…

  2. エンタメ

    ムーディ勝山が月収ゼロ告白 リングで反社と決別宣言

    いでよ、闇に落ちたクズ芸人たち! 今夏、吉本興業を中心とした「闇営業…

  3. エンタメ

    ASKA 剣道大会で優勝! 本名で参加、鮮やか四段の剣さばき

     歌手のASKA(61)が20日、東京・滝野川体育館で行われた北区剣…

  4. エンタメ

    上野樹里主演“月9”「監察医 朝顔」最終回13・3% 同枠2年ぶり全話2桁でフィニッシュ!

    女優の上野樹里(33)が主演を務めるフジテレビ“月9”「監察医 朝顔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩
  2. ニュース

    関電→高浜、10年間で35億円 元助役の在任時に集中
  3. ニュース

    アマゾン奥地で道路再建、住民の夢か熱帯雨林の枯死か
  4. ニュース

    生活再建、長期化の見通し=インフラ復旧難航-死者74人不明15人・台風19号
  5. エンタメ

    織田裕二、「頭取」再任!松嶋菜々子とのドラマ2年ぶり復活
PAGE TOP