エンタメ

「加藤の乱」元サヤ決着していた 1日付で自身発案の「専属エージェント契約」結ぶ

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが2日、分かった。加藤はすでに、同社との「共同確認書」へのサインも済ませており、事実上の残留を選択。7月には、自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜、前8・00)で、退社の覚悟を示して岡本昭彦社長(53)ら経営陣の刷新を求めていたが、最終的には“元サヤ”で決着する形となった。

 吉本興業を揺るがす騒ぎとなっていた“加藤の乱”が、静かに完全終息を迎えていた。

 加藤は10月1日付で、同社の専属エージェント契約を締結した。今後の仕事に関しては、従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通じての交渉が可能になる。だが、関係者によると、一部の“直営業”は認められる形となったが、当面は従来通り、吉本興業を通して仕事を行うという。

 エージェント契約を締結するには、前段階として、同社との間で「共同確認書」を締結する必要があり、加藤もすでに締結済み。確認書は吉本興業との専属契約を前提としており、実質的な吉本興業への残留を決めた形となった。

 加藤は7月22日に「スッキリ」で、「今の社長、会長体制が続くのならオレは吉本興業を辞める」と爆弾発言。雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。翌23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行ったが、結論は先送りとなった。

 8月には「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明。「現状の仕事は吉本というエージェントを通して、やる。他の仕事は他のエージェントを通す」とし、「残留」という表現は否定していた。

佐藤仁美、細貝圭と結婚…交際約1年、仕事先などに正式報告 お相手はゴーカイジャー悪役前のページ

松本潤支援にあった嵐の精神…7年間で寄付総額は20億円に次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    セリーヌ・ディオン世界ツアーでスタッフが感電事故

    米映画「タイタニック」(97年)の主題歌などで知られる歌手セリーヌ・…

  2. エンタメ

    申告漏れチュート徳井 業界“タブー”の「個人事務所」吉本のイメージまた失墜か

     お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(44)が、東京国税局に20…

  3. エンタメ

    梨花、テレビ時代の「残像」語る 実業家としてみせた本音

    モデルの梨花(46)が手掛ける『MAISON DE REEFUR(メ…

  4. エンタメ

    中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニメーター)8月3日死去、86歳。…

    中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    リバプール 4-3 ザルツブルク CLグループE組第2節】 リバプール、壮絶な点…
  2. オリジナル

    【スライド解説】解約1000円に。「スマホ新料金」を整理しよう
  3. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩
  4. ニュース

    男系皇位継承を堅持 旧宮家男子の皇族復帰 自民有志「護る会」提言
  5. ニュース

    貿易赤字8480億円=中国向け落ち込む-19年度上期
PAGE TOP