スポーツ

西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」

西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1軍登板は2試合のみ。大石は「野球はもう続けるつもりはないです」と引退する意向であることを明かした。

 かつての6球団競合ドラ1に無情の宣告だ。2010年ドラフトの目玉として6球団から指名を受け西武に入団した大石だが、度重なるケガに悩まされた。プロ通算132試合に登板し、5勝6敗8セーブ17ホールドを記録。2016年には36試合登板で防御率1.71、2017年は20試合登板で防御率0.93をマークしたが、昨季は10試合で防御率7.00、今季も2試合で防御率15.43に終わっていた。

 日本ハム・斎藤佑樹、楽天・福井優也と並び『早大三羽烏』と呼ばれ世代を牽引した大石。3人全員がドラフト1位でプロ入りしたが、大石は戦力外通告という形でユニホームを脱ぐことに。「球団から『9年間お疲れさま』と言われました」と明かし、今後については「野球はもう続けるつもりはないです。けっこう前から決めていました。悔しい思いしかしていない。ケガもあったし、思うようなピッチングができなかったり……」と話した。

 怪我に苦しんだプロ人生。「4、5年目はまったく投げることができなかったが、契約をしてもらえた」と球団への感謝の思いも明かした右腕は、西武から戦力外通告を受けたら引退する決意を固めていたという。「『クビ』と言われたらやめようと自分の中で決めていた」と明かし、「入る前にイメージしていた自分とかけ離れていた。悔しい気持ちの場面が多かった」と鳴り物入りで入団して苦しんだ胸中も吐露。さらに「今後はどうするかわからないけど、自分の人生にとっていい経験になった。大学時代に150オーバーと騒がれてプロに入ったけど、150オーバーは1度も出ずに終わった。しょうがないけどもうちょっとやれたかな。スピードが出ていたとしても、抑えられたかはわからない」とも語った。

 引退後は球団がポストを用意する予定で、西武には残る見込みとなっている。

【速報】モデルの道端アンジェリカさんの夫が、道端さんの知人男性から現金35万円を脅し取ったとして警視庁に逮捕された。前のページ

パリ中心部の警察で男が警察官をナイフで襲う 4人死亡の報道次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    女性のサッカー観戦、40年ぶり解禁 割り当てチケット即時完売 イラン

    イランの国立アザディスタジアムで10日に行われるサッカー・ワールドカ…

  2. スポーツ

    さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

    感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指してい…

  3. スポーツ

    巨人完敗でセDH制導入論再燃?ソフトバンク4連勝で「パ高セ低」の現実くっきり

     プロ野球は23日、ソフトバンクが巨人を破って3年連続の日本一に輝き…

  4. スポーツ

    横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」

    横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部…

  5. スポーツ

    大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか

    突然の発表となった左膝の手術で大リーグ2年目のシーズンを終えた大谷翔…

  6. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩

    パ・リーグ2連覇を飾った西武の山川穂高内野手(27)が西日本スポーツ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」人気芸人のネタに批判殺到 事務所は「配慮…
  2. ニュース

    小型飛行機が墜落1人死亡 かすみがうら市
  3. エンタメ

    高橋真麻 もう二世帯同居開始!新婚1年決断にあった父の悲願
  4. エンタメ

    ジャニーズ新体制 ジュリー氏社長、滝沢氏が副社長
  5. エンタメ

    「監察医 朝顔」上野樹里“たった5秒の入浴シーン”に垣間見えたプロの矜持
PAGE TOP