スポーツ

西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」

西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1軍登板は2試合のみ。大石は「野球はもう続けるつもりはないです」と引退する意向であることを明かした。

 かつての6球団競合ドラ1に無情の宣告だ。2010年ドラフトの目玉として6球団から指名を受け西武に入団した大石だが、度重なるケガに悩まされた。プロ通算132試合に登板し、5勝6敗8セーブ17ホールドを記録。2016年には36試合登板で防御率1.71、2017年は20試合登板で防御率0.93をマークしたが、昨季は10試合で防御率7.00、今季も2試合で防御率15.43に終わっていた。

 日本ハム・斎藤佑樹、楽天・福井優也と並び『早大三羽烏』と呼ばれ世代を牽引した大石。3人全員がドラフト1位でプロ入りしたが、大石は戦力外通告という形でユニホームを脱ぐことに。「球団から『9年間お疲れさま』と言われました」と明かし、今後については「野球はもう続けるつもりはないです。けっこう前から決めていました。悔しい思いしかしていない。ケガもあったし、思うようなピッチングができなかったり……」と話した。

 怪我に苦しんだプロ人生。「4、5年目はまったく投げることができなかったが、契約をしてもらえた」と球団への感謝の思いも明かした右腕は、西武から戦力外通告を受けたら引退する決意を固めていたという。「『クビ』と言われたらやめようと自分の中で決めていた」と明かし、「入る前にイメージしていた自分とかけ離れていた。悔しい気持ちの場面が多かった」と鳴り物入りで入団して苦しんだ胸中も吐露。さらに「今後はどうするかわからないけど、自分の人生にとっていい経験になった。大学時代に150オーバーと騒がれてプロに入ったけど、150オーバーは1度も出ずに終わった。しょうがないけどもうちょっとやれたかな。スピードが出ていたとしても、抑えられたかはわからない」とも語った。

 引退後は球団がポストを用意する予定で、西武には残る見込みとなっている。

【速報】モデルの道端アンジェリカさんの夫が、道端さんの知人男性から現金35万円を脅し取ったとして警視庁に逮捕された。前のページ

パリ中心部の警察で男が警察官をナイフで襲う 4人死亡の報道次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    イングランドに罰金=「ハカ」対抗で違反行為-ラグビーW杯

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の準決勝で、試合前にニュー…

  2. スポーツ

    【中日】松坂に大幅減俸で来季の契約打診…今季年俸8000万円

    中日が、来季の去就が白紙となっている松坂大輔投手(39)に対し、今季…

  3. スポーツ

    「暴力問題」貴ノ富士に自主引退促す決議、日本相撲協会・理事会で 本人は徹底抗戦、27日に会見予定

    日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、2度目の暴力問…

  4. スポーツ

    栗山監督が辞意伝えていた…球団は手腕評価慰留へ

    日本ハム栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが24…

  5. スポーツ

    さらば阪神横田…家族感謝の闘病生活に涙止まらず

    感謝を胸に、悔いなくユニホームを脱ぐ-。脳腫瘍からの復帰を目指してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」
  2. ニュース

    地方銀行の65%が職員削減
  3. オリジナル

    もはや広告代理店だけではない。オプトが挑む「日本企業総デジタルシフト」
  4. エンタメ

    木下優樹菜、学園祭トークショー中止「セキュリティ上の問題」
  5. ニュース

    “フロントガラス叩き割り男”逮捕…女性が運転する車を突然壊し始める「体調不良でイ…
PAGE TOP