スポーツ

西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」

西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1軍登板は2試合のみ。大石は「野球はもう続けるつもりはないです」と引退する意向であることを明かした。

 かつての6球団競合ドラ1に無情の宣告だ。2010年ドラフトの目玉として6球団から指名を受け西武に入団した大石だが、度重なるケガに悩まされた。プロ通算132試合に登板し、5勝6敗8セーブ17ホールドを記録。2016年には36試合登板で防御率1.71、2017年は20試合登板で防御率0.93をマークしたが、昨季は10試合で防御率7.00、今季も2試合で防御率15.43に終わっていた。

 日本ハム・斎藤佑樹、楽天・福井優也と並び『早大三羽烏』と呼ばれ世代を牽引した大石。3人全員がドラフト1位でプロ入りしたが、大石は戦力外通告という形でユニホームを脱ぐことに。「球団から『9年間お疲れさま』と言われました」と明かし、今後については「野球はもう続けるつもりはないです。けっこう前から決めていました。悔しい思いしかしていない。ケガもあったし、思うようなピッチングができなかったり……」と話した。

 怪我に苦しんだプロ人生。「4、5年目はまったく投げることができなかったが、契約をしてもらえた」と球団への感謝の思いも明かした右腕は、西武から戦力外通告を受けたら引退する決意を固めていたという。「『クビ』と言われたらやめようと自分の中で決めていた」と明かし、「入る前にイメージしていた自分とかけ離れていた。悔しい気持ちの場面が多かった」と鳴り物入りで入団して苦しんだ胸中も吐露。さらに「今後はどうするかわからないけど、自分の人生にとっていい経験になった。大学時代に150オーバーと騒がれてプロに入ったけど、150オーバーは1度も出ずに終わった。しょうがないけどもうちょっとやれたかな。スピードが出ていたとしても、抑えられたかはわからない」とも語った。

 引退後は球団がポストを用意する予定で、西武には残る見込みとなっている。

関連記事

  1. スポーツ

    伊調馨がコメント「選手・指導者として力尽くす」

    レスリング女子の伊調馨(35)が24日、所属のALSOKを通じ注目さ…

  2. スポーツ

    阪神 高橋聡が引退会見 涙浮かべ「ホッとしています。体が限界と思った」

    阪神の高橋聡文投手(36)が25日、スポニチ本紙既報通り今季限りで現…

  3. スポーツ

    ラグビーW杯がある日本の風景ーラガー外交官・奥克彦さんの夢実現

    奇跡なのだ。ラグビーの世界一決定戦、ワールドカップ(W杯)が日本で開…

  4. スポーツ

    大坂なおみのラッパー恋人 全米オープンもお忍び応援していた

    大坂は恋人ラッパーに向けて「あなたがいる人生に、とても感謝している」…

  5. スポーツ

    新体操、日本が種目別ボールで金 世界選手権、団体で初

    新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権最終日は22日、バクーで非五輪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【小島健輔】ZOZOを買うべきは「オンワード樫山」だった
  2. エンタメ

    平原綾香に称賛 国歌独唱なぜ難しいのか
  3. オリジナル

    家づくりをもっと手軽に。「3Dプリンター住宅」の時代
  4. スポーツ

    暴行問題の貴ノ富士「協会側と師匠から引退勧告された」
  5. ニュース

    男系皇位継承を堅持 旧宮家男子の皇族復帰 自民有志「護る会」提言
PAGE TOP