オリジナル

自分で考えない人ほど「仕事ができる人」と勘違いされ、昇進する理由

コンサルタントという仕事をしていると、最近、危機感を覚えることがある。自分で考えようとしない、学ぼうとしない人が大企業の中枢でも増えているのだ。考えない人がなぜ増えるのか、増えると組織にどんな影響が出るのか。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

自分で考えようとしない人が
企業の中枢でも増えている

 営業に役立つスキルや知識は、多ければ多いほど良い。営業はさまざまな顧客と接し、さまざまな案件の話し合いをし、さまざまな提案をするため、その業界に関連する最新の知識のみならず、他の業界でのトピックス、さらには多様な話題や雑学も知っていることが望ましい。

どのような職種でも同様だが、「考えの範囲の広さや深さの差」がビジネスで得られる結果の差につながることが多々ある。

「考えの範囲の広さや深さの差」に加えて、軽やかに仕事に取り組んでさっさと結果を出していくことが理想的だ。

簡単にロジカル・シンキングとクリティカル・シンキングについて触れておこう。

◎ロジカル・シンキング:問題を分かりやすく整理・分類して、解決方法を考える際の助けとする思考法

◎クリティカル・シンキング:問題の前提が本当に正しいかを疑いながら、問題の本質を明らかにする思考法

2つの思考法を
組み合わせて考える

 この2つの思考法は、どちらが正しいのか?とか、どちらが有用なのか?という比較対象ではない。

 むしろ、ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキングを組み合わせて考えることで、効果的・効率的に、問題や思考の抜け漏れを最小限に減らし、問題の本質に迫るように考えることができる。

 例として、ある会議で次のような問題提起とその解決案の議論がなされたとしよう(実際にあった事例を簡素化している)。

<問題>
・営業部門が不振で、売り上げが伸び悩んでいる。
・競合他社は、「あなたが担当している製品と似た製品」を安価に販売することで、市場のシェアを伸ばしている。
・営業担当者の営業スキルが「他社の営業担当者に比べて劣っている」との報告がある。

<解決案>
・営業担当者の営業スキルを高める研修を実施し、営業担当者の営業力を強化する。
・製品の価格を見直し、競合他社よりも安価な価格にすることで、シェアを獲得する。

 このような検討がなされることは、皆様にとって身近なことではないだろうか。私自身、このような議論を聞くことがよくある。しかし、この問題提起から解決案の策定までを細かく見ていくと、おそらく皆様は違和感を抱くだろう。

例えば、

「他の人は成績が悪いかもしれないが、自分は目標を達成している」
「他の人と自分を一緒くたにして『営業部門全体が不振』と言われたくない」
「安易に価格を下げて、利益額・利益率が低下するのは、経営上問題ではないのか」
「競合の営業と比べて自分が劣っていると言われるのは心外だ」

などと言いたくなる営業もいるだろう。

 私も上記の解決案には違和感を覚える。

ロジカル・シンキングと
クリティカル・シンキングの実例

 営業が不振という場合、シンプルに考えれば

・製品が良くない(顧客のニーズに合致しない、使い勝手が良くない、顧客のメリットが不明瞭など)
・マーケティング(情報収集や分析の不足、顧客のターゲットが不適切、4P〈Product、Place、 Promotion、 Price〉の検討不足など)が良くない
・営業(スキル、人柄、知識、コミュニケーションなど)が良くない

 のいずれか、もしくはこれらの複数が該当する。

 ただ、このままでは具体的で効果的な解決案を導くことは、非常に難しくなる。手の打ちどころがまだまだ不明確だからだ。

 では、同様のケースにおいて、ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングでは、どのような思考をするのだろうか?

<ロジカル・シンキングによる思考>
・支店等の営業チーム、営業担当者ごとにこれまでの実績をグラフ化して、どこが売り上げを伸ばしているのか?どこが苦戦しているのか?を明らかにしよう。
・どの製品の売り上げが伸び悩んでいるのか、データを確認しよう。
・競合他社がどのような製品戦略、マーケティング、プロモーション、価格設定、販売チャネル等を取っているのか、調査しよう。
・自社および競合他社のそれぞれの製品を、消費者はどう感じているのかリサーチしてみよう。
・これらの取り組みから得られた結果を、影響の大きさや解決の難易度、解決のために必要な予算額などで分類して、解決すべき順番を決めよう。

 といった考え方ができるだろう。

 多くのビジネスの場面では、分からないことをそのままにして対策を練っても、無駄に終わることの方が多い。

 そのような無駄をなくすためにデータを活用し、状況を把握・整理した上で論理的に物事を考えることから始めることが望ましい。そのためのデータ活用や調査の検討の例が前述の思考だ。

また、データが取れない、そもそもデータがない、という場合も多々ある。このような場合は仮説を立てて検証することになる。

 仮説を立てる場合でも、まずは実際に起こっている事柄やデータから仮説を立てる方が、問題の本質に近づきやすくなる。

 また、その時には同僚や上司との検討も有用だ。視野が広がり、さまざまな意見から多角的な検討ができるからだ。

<クリティカル・シンキングによる思考>
・売り上げが伸び悩んでいるというのは、何に基づいて言っているのか?
・対前期比・対前年比・今期の目標などいくつかある指標のうち、何との比較なのか?
・それらとのギャップはどれくらいあるのか?
・競合他社が市場シェアを拡大しているのは、安価だけが理由なのか?他に理由はないのか?
・競合他社はどのようなプロモーションを行っているのか?
・自社製品と競合品の品質や使用感、デザインなどで特筆すべき差はあるのか?
・営業担当者のスキルが低いというのは、どのような理由でスキルを低いと言っているのか?その根拠は何か?

 などの考え方が例として挙げられる。

問題の本質を
論理的に明らかにする

 よくいわれる「So What?」「Why So?」を使えば、上記のように考えやすくなる。

 このように、ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキングは同じ問題でも見方や考え方が違うので、組み合わせて考えると飛躍的に思考の範囲が広くなり、深くなる。

 だから営業としてもこの2つの考え方は、知っておいて損はない。むしろ覚えて使い倒せば、結果を出しやすくなる。

 ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキングの両方を行うことは、問題の本質を論理的に明らかにすることにも非常に役立つ。

「ポイント還元制度は不公平」イオン社長が不満示す前のページ

上から目線、やたらとダメ出しする人ほど「考えない人」が多い理由次のページ

関連記事

  1. オリジナル

    【悲劇】倒産した人気焼き鳥店が繰り返した「2つの失敗」

    2019/9/26みそだれやきとりで知名度の高かった「ひびき」(埼玉…

  2. オリジナル

    【櫻田謙悟】キャリアプランを立てるのは、やめろ

    2019/9/24最大の転機はアジア開発銀行私のビジネスパーソンとし…

  3. オリジナル

    【必見】失敗こそ、「最高の学び」だ

    2019/9/21本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日…

  4. オリジナル

    カリスマ投資家が実践する「お金を寝かせて増やす」積立投資

    2019/9/26せっかく投資をするのなら、相応のリターンが欲しい。…

  5. オリジナル

    【厳選20校】名門ボーディングスクールに、入学する方法

    2019/10/31国境を超え、教育熱心な親たちを魅了する名…

  6. オリジナル

    【大迫傑】僕が日本を飛び出して「世界」で戦う理由

    2019/9/25「記憶」に残る、激しい戦いだった。2019年9月1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    高橋真麻、お弁当食べた後に親子丼パクパク 父・英樹から「もう、やめなさい」
  2. エンタメ

    佐藤仁美、細貝圭と結婚…交際約1年、仕事先などに正式報告 お相手はゴーカイジャー…
  3. ニュース

    台風死者、12都県80人に 住宅被害、5万6千棟超
  4. スポーツ

    イングランドに罰金=「ハカ」対抗で違反行為-ラグビーW杯
  5. エンタメ

    松岡修造 イベントで司会から「楽屋帰れ」と叱られる…“遅刻客”と腕立て伏せ
PAGE TOP