スポーツ

女性のサッカー観戦、40年ぶり解禁 割り当てチケット即時完売 イラン

イランの国立アザディスタジアムで10日に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)予選の対カンボジア戦で、40年ぶりに女性の入場が正式に認められる。

報道によると、女性の観客に割り当てられたチケット3500枚は1時間以内に売り切れ、追加で1100枚が売り出された。

サッカーに詳しい作家のジェームズ・モンタギュー氏は、「イランのサッカー界にとっても、つかまって刑務所に送られる危険を冒しながらも抗議を続けてきたイラン人女性にとっても、大きな歴史的瞬間」と位置付ける。

女性のスポーツ競技場への入場を禁止する措置は、1979年のイスラム革命後に導入された。これに対して国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が「容認できない」と発言、2022年W杯に向けた予選では、禁止を解除するよう促していた。

イランのファルス通信によると、女性用の座席は男性とは切り離された区画に設置され、女性警官150人あまりが目を光らせる。ソーシャルメディアには、女性専用区画の周りにフェンスが設置されている写真が投稿された。

10日の試合で女性ファンの観戦が認められたことは1歩前進といえそうだが、人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは女性の観戦者に4600人という上限があることについて、見せかけだけの差別的な措置だとして批判、女性差別を禁じたFIFAの規定に違反すると指摘している。

イラン女性がガソリンをかぶって焼身自殺

2019.9.11

 女性のスポーツ観戦が禁止されているイランで、サッカースタジアムに男装して入ろうとしたところを見つかって拘束され、焼身自殺を図った女性が9日に死亡したことがわかった。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(AI)の10日の発表によると、サハル・ホダヤリさん(29)はイスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ「ヒジャブ」を着用せず公共の場に出た罪に問われていた。先週出廷し、裁判が休廷となった後、体にガソリンをかぶって火をつけた。

同国では1979年のイスラム革命以降、女性のスポーツ観戦が禁じられている。

ホダヤリさんが自殺を図った後、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は国際サッカー連盟(FIFA)にあてた声明を出し、イランは女性の観戦を解禁するべきだと主張。FIFAが独自の人道的ルールを適用するよう呼び掛けた。

HRWが家族の話として伝えたところによると、ホダヤリさんは双極性障害(そううつ病)を患い、収監中に病状が悪化していたという。

ソーシャルメディア上では、ホダヤリさんを「ブルー・ガール」と名付けて死を悼む書き込みが相次いだ。ホダヤリさんは生前、イランの首都テヘランを本拠とするエステグラルFCのファンだった。青はそのクラブカラーだ。

FIFAは声明で遺族らに弔意を表し、イラン当局に対して観戦解禁を求める女性らの自由と安全を保証するよう求めた。

FIFAは今年6月、イランサッカー協会への書簡で、女性の観戦解禁に向けた行程表を要求。イラン側はこれに対し、具体的な期限は設けていないとしたうえで、女性をスタジアムに入場させるためのインフラ整備を進めていると回答していた。

地方銀行の65%が職員削減前のページ

スルガ銀が日銀考査で契約違反、虚偽の情報提供など次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    【ラグビーW杯】海外選手に“お辞儀の輪”広がる イタリア主将「大雨でも席立たないファンに感激」

    花園でも“お辞儀ブーム”、敗戦ナミビアも四方へ90度の最敬礼「リスペ…

  2. スポーツ

    大谷翔平の2年目、アメリカはどう見たか

    突然の発表となった左膝の手術で大リーグ2年目のシーズンを終えた大谷翔…

  3. スポーツ

    米国で進化するサニブラウン=決勝へ、カギはスタート-世界陸上27日開幕

    陸上の世界選手権が9月27日から10月6日まで、ドーハで開催される。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オリジナル

    【櫻田謙悟】人間の哲学や価値観は、25歳までに決まる
  2. エンタメ

    松岡修造 イベントで司会から「楽屋帰れ」と叱られる…“遅刻客”と腕立て伏せ
  3. エンタメ

    木下優樹菜、学園祭トークショー中止「セキュリティ上の問題」
  4. ニュース

    「ポイント還元制度は不公平」イオン社長が不満示す
  5. スポーツ

    暑すぎるドーハ世界陸上 女子マラソンと50キロ競歩が中止危機か 東京五輪も影響か…
PAGE TOP