オリジナル

ブロックチェーンによる革命が起こるまでにあと10年かかる理由

 ブロックチェーンを活用できる業界は、金融から芸術まで、数え切れないほどあると言われている。しかし実際には、この技術が期待されているような成果を挙げ始めるまでには、まだ10年はかかるという。

 ブロックチェーンは現在、調査会社Gartnerの表現で言う「幻滅のくぼ地」の時期に入っている。これは、新しい技術の導入が期待通りに行かず、その技術に対する関心が薄れる時期のことだ。Gartnerは、ブロックチェーンがこの幻滅期から立ち直り始めるのは2021年であり、企業の経営に影響を及ぼし始めるまでには5~10年かかると予想している。同社の表現で言えば、これが「啓蒙の坂」の時期だ。

 Gartnerの調査担当バイスプレジデントAvivah Litan氏は、ビジネスのエコステム全体でデジタルビジネスの革命を実現するのは、ブロックチェーンがスケーラビリティを獲得すると予想される2028年以降だと考えている。

Gartner

提供:Gartner

 同氏は、米ZDNetの取材に対して「この技術には、集まっている関心に応えられるだけの準備が整っていない。標準が定まり、スケーラビリティを獲得するまでには、解決に何年もかかる問題が多数存在する。企業はブロックチェーンの実験を行っているが、標準が変わる可能性が高いため、すべての作業をやり直さなくてはならなくなるだろう」と述べている。 

 Gartnerは以前も、企業内で現在進められているブロックチェーンプラットフォームの実装のうち、最大で90%は、2021年までに更新が必要になると警告している。

 レポートの調査を行ったAdrian Lee氏によれば、これは製品のコンセプトや、アプケーションの要件、ターゲット市場といった、この技術の主要な論点に関する「業界の合意」がないことに起因するという。つまりブロックチェーンは、それ自体に対する過剰な期待の犠牲になっているのだ。その潜在的なメリットには大きな期待が寄せられているが、実際には、この技術は大規模かつ効果的に導入できるほど成熟していない。

 Litan氏は、この状況をインターネットの普及と比較して、何が問題なのかを説明している。インターネットの場合、DNSやTCP/IPなどのプロトコルが標準化されているため、ユーザーはそれらの技術を理解する必要はない。これが、ウェブがスケーラブルに実現できる理由であり、インターネットが主流になった理由だ。

 しかし、今の状況で企業がブロックチェーンを利用しようとすれば、さまざまな困難が立ちはだかる。各々の企業が、プラットフォームやスマートコントラクト言語、システムインターフェース、コンセンサスアルゴリズムなどの選択に、それぞれ頭を悩ませる必要がある。それを行えるだけの社内リソースがなければ、その作業を社外のベンダーに任せる必要があり、その場合、ベンダーへの依存は強まっていく。 

 「テクノロジーの導入に大きな手間が掛かるため、相当な資金とスキルがなければ利用できない」とLitan氏は言う。「個々の企業が利用できるようになるのは、技術の開発が進み、スケーラビリティが確保されてからだ」

 同氏は、ブロックチェーンが主流の技術になるために重要な分野として、ブロックチェーン間でシームレスにデータを交換できる能力や、ユーザーが特定の契約ロジックを別のブロックチェーンに移すことを可能にする、スマートコントラクトのポータビリティーなどを挙げている。

 なにより、それらのことが実現すれば、ユーザーはブロックチェーンのバックエンドを意識する必要がなくなる。そうなって初めて、この技術の本当のメリットを享受できるようになるという。それを待つだけの価値があるかどうかは、いずれ分かるはずだ。

フェイスブックCEO、米下院で23日に証言 リブラ計画巡り前のページ

世界を変えるテクノロジー「量子コンピューター」とは何か次のページ

関連記事

  1. オリジナル

    【藤野英人】次世代に伝えるべき「マネーリテラシー」の本質

    2019/10/27投資家視点で「人生を切り開く戦略」を提案する、カ…

  2. オリジナル

    家づくりをもっと手軽に。「3Dプリンター住宅」の時代

    2019/11/15ロボットアームが建てた家ここはニューヨー…

  3. オリジナル

    【櫻田謙悟】人間の哲学や価値観は、25歳までに決まる

    2019/9/22アンチ権力、協調性なし私は20代半ばまでアンチ権力…

  4. オリジナル

    【投資の始め時】30代になったら、収入の16%で運用を始めよう

    2019/9/23「老後2000万円」不足すると指摘したとして、大炎…

  5. オリジナル

    【挑戦】ザッカーバーグやベゾスが、幼児教育に投資する理由

    2019/11/1テック界の大物が続々参入2015年、マーク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    風間監督解任でも名古屋グランパスに残る不安
  2. スポーツ

    【西武山川・独占手記】「胴上げのど真ん中には入れない」自ら禁忌破った苦悩
  3. オリジナル

    【知識】1%を99.9%と錯覚してしまう「偽陽性」という罠
  4. オリジナル

    強いリーダーたちにこそ必要な「セルフ・コンパッション」とは?
  5. エンタメ

    滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!理由は議員宿舎のペット禁止
PAGE TOP