ニュース

いずれ議論不可避 消費税の「段階的増税論」とは

 10月1日、消費税率が8%から10%へ引き上げられた。10%超への追加増税については、安倍晋三首相が「今後10年、必要ない」と述べ“封印”したが、高齢者の増加で医療、介護など社会保障費が膨脹しており、「議論はいずれ避けられない」との見方が多い。仮に追加増税の議論が始まった場合、アイデアの一つとしてささやかれているのが、税率を小刻みに引き上げる“段階的増税論”だ。


 「現時点で(消費税率を8%へ引き上げた)平成26年のような大きな駆け込み需要はみられない」。安倍首相は今月15日の参院予算委員会で、こう答弁した。

 政府は10%への増税にあたり、令和元年度当初予算に盛り込んだ2兆円超の「臨時・特別の措置」のほか、住宅ローン減税の拡充、食品などの税率を8%へ据え置く軽減税率の導入など、合計6兆6000億円分の景気底上げ策を打ち出した。

 足元の消費動向が安倍首相の答弁通りなら、政府の打ち出した対策が奏功したことになる。今後、米中貿易摩擦などによる世界経済減速の影響も見極める必要があるが、景気が腰折れするような事態にならなければ、今回の消費税増税は“成功”といえる。

 財務省にとっても、今後、消費税増税を続けていく突破口になりそうだ。税収増と歳出削減で借金を減らす財政再建を進めることは、財務省の“使命”。加えて、景気に左右されず広く税金を集められる消費税を拡大し、増税で歳入が伸びれば差配できる予算が増えれる。政治家や官庁に対し、大きな影響力を持つことができる。

 増えていく社会保障費に関しては、「10%の消費税だけではまかないきれない」(自民党関係者)との意見が多い。

 政府の試算では、医療や介護、年金などの公的サービスに充てる社会保障給付費は22年度に190兆円と、現在の約1・6倍まで増える。政府は今年9月、「全世代型社会保障検討会議」をスタートし、幅広い改革のあり方を議論し始めたが、高齢者の負担増などの改革は難しく、いずれ10%超への増税は不可欠というわけだ。

 経済界でも同様の声があり、経済同友会の桜田謙悟代表幹事は10月1日の記者会見で、財政規律を維持するため「(消費税率は)7年には14%以上になることが望ましい」と話した。

 かりに10%超への議論が始まれば、最も重要なのは、経済に打撃を与えない方法での増税だ。

 この観点で財務省関係者の間でささやかれるアイデアの一つが“段階的増税論”。ある関係者は、「税率の最終的な引き上げ目標を決め、それに向け、たとえば0・5%ずつ、ゆっくり引き上げれば、経済へのマイナス影響を抑えられるだろう」と話す。

 海外では「0・5%」ほど小刻みではないものの、少しずつ消費税率が引げられてきた例がある。たとえば、ドイツは1968年に付加価値税(消費税)を税率10%で導入し、98年の16%まで、タイミングをみながら1%ずつ引き上げきた。

 10%超への増税に関しては、低所得者層の家計負担を和らげるため導入された軽減税率を8%へ据え置く案もささやかれる。

 現在、軽減税率の対象となっているのは、酒類、外食を除く飲食料品と、週2回以上発行されている定期購読の新聞だ。導入は平成28年の消費税法改正で決まった。ポイント還元策などほかの景気下支え策と違い、期限がなく、法律が改正されない限り続く制度となっている。

 「(軽減税率の対象品の税率を)8%から引き上げ、2桁税率などにすることはできないだろう」。財務省関係者はこう指摘する。もし引き上げれば、低所得者層の反発などが強まるとみられる。

 もっとも、追加増税については、安倍首相が7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と断言した。2回も増税した安倍首相が、令和3年9月に迎える自民党総裁任期の満了までに、さらなる増税を検討する可能性は極めて低い。追加増税のあり方がどうなるかは、「ポスト安倍」の後継首相がとる政策方針にかかっているといえそうだ。(経済本部 山口暢彦)

【核心】GAFAとは違う。なぜ「カナダのAI」が頼られるのか前のページ

米S&P最高値近辺、米中通商協議進展の兆しで インテルが高い次のページ

関連記事

  1. ニュース

    首里城全焼「非常にショックだ」 衛藤沖縄相 再建へ内閣府が音頭

    【東京】首里城全焼を受け、衛藤晟一沖縄担当相は31日午前、国会内で琉…

  2. ニュース

    堤防・ダム、能力に限界=政府、決壊箇所分析へ-避難対策で補完も

     台風19号により、広い範囲で大雨による河川の氾濫や堤防の決壊が相次…

  3. ニュース

    また「菅人事」で失敗 辞任ドミノ、ポスト安倍に影響も

     河井克行法相が31日、辞任した。公職選挙法違反疑惑が報じられた菅原…

  4. ニュース

    外国からの参列者はどう見た? “歴史と伝統に包まれた儀式”

     天皇陛下が即位を内外に宣言された即位礼正殿の儀。海外の人々は、どう…

  5. ニュース

    マラソン 小池知事「北方領土でやったらどうか」

    東京都の小池知事は東京オリンピックの猛暑対策としてマラソンと競歩の会…

  6. ニュース

    英語民間試験 来年度延期へ、文科相がきょうにも表明

     来年度から大学入試に導入予定の英語の民間試験について、文部科学省が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    貫地谷しほり、一般男性と結婚「どんな時でも私の味方でいてくれる、安心感を与えてく…
  2. オリジナル

    【大迫傑】僕が日本を飛び出して「世界」で戦う理由
  3. ニュース

    天皇陛下、即位を祖先に報告 「賢所大前の儀」
  4. オリジナル

    営業部門が結果を出すための強力な武器になる「2つの思考法」
  5. スポーツ

    巨人・阿部 愛される人柄は会見でも 報道陣「背番10」ユニ、「泣かせるような質問…
PAGE TOP