エンタメ

内山くんが“胃袋がっちり婚”ビヨンセ似で料理上手の6歳年下美人と

 子役出身のタレント・内山信二(38)が結婚することが24日、分かった。お相手は6歳年下の一般女性・琴(こと)さんで、彼女の誕生日の10月9日にタイでプロポーズし、成功。交際から2年、琴さんは20キロ太ったというが、絶品の手料理に内山はハートと胃袋をがっちりとつかまれた。来春、結婚披露宴を行う予定。

 子役出身で太めの“内山くん”が生涯の伴侶を見つけた。交際から2年でゴールインする。お相手は6歳年下の琴さん(32)。「良く聞かれるんですが誰に似ているとかは、ないです」と内山ははにかむ。「ビヨンセに似ている」(事務所関係者)「ハーフの渡辺美里さんですかね」(テレビ局関係者)と大きな目とエキゾチックな顔立ちが特徴的な美人だ。

 2人の出会いはテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」だった。当時、番組MC草野仁(75)のヘアメイクを担当していた琴さんが、ゲスト出演した内山に一目ぼれ。内山は「(第一印象は)ほとんどない。後で『内山くんがタイプだという女の子がいる』と言われて会いました」。共通の知人の紹介で交際に発展した。

 交際1年で琴さんに変化が。「僕が食べているのを見ていると損した気分になるらしいんですよ」。カレーが飲み物と豪語する内山の食べっぷりに琴さんも触発?され、20キロ太った。

 最初のデートは焼き肉。外食を好まない内山の意向で2回目のデートからは自宅に戻り、食事をした。琴さんは「ぶたしゃぶ鍋」を振る舞った。「僕はシメの前にうどんなんです。うどんでシメるのが嫌で、うどんからの雑炊が好きなんです」。独特なこだわりは誰にも理解されず、口にしなかった。だが、うどんを食べると琴さんが「シメはどうする? うどんだけじゃ嫌かな。ご飯あるよ」と聞いてきた。「分かっているなと…。もうこの子しかいないと思いました」。好きな料理はハンバーグ、ナポリタン。琴さんの手料理で愛を育んだ。

 プロポーズは琴さんの誕生日の9日。撮影に訪れたタイ・バンコクで深夜0時、日付が替わった瞬間、ひざまずき指輪を差し出しプロポーズ。「外国の映画とかで彼女があこがれていたので、やってあげたいとい思った」

 琴さんは妊娠はしていない。2人とも子供好きでジュニアの誕生を心待ちにしている。「僕は子供に『親方』と呼ばせたいので、太った男の子2人くらい生まれてきてくれれば…」と内山。子役を勧めるかとの問いには「できればやってほしくないけれど、親子2代で(明石家)さんまさんにイジってもらいたいというのもある」と複雑な感情を口にした。

 内山は27日放送のTBS系「坂上&指原のつぶれない店」(後6時半)に出演。結婚について語る予定だ。

 ◆内山 信二(うちやま・しんじ)1981年9月25日、東京生まれ。38歳。小学1年から明石家さんまが出演するフジテレビ系「あっぱれさんま大先生」に子役として7年4か月間出演し人気を博す。その後は食べっぷりの良さでグルメリポーターなどで活躍。現在はTOKYO MX「バラいろダンディ」の火曜レギュラー。TBS系「坂上&指原のつぶれない店」(日曜・後6時半)の準レギュラー。身長174センチ、体重100キロ。

徳井謹慎は「全然ない」吉本興業はコンプラ強化へ前のページ

巨人完敗でセDH制導入論再燃?ソフトバンク4連勝で「パ高セ低」の現実くっきり次のページ

関連記事

  1. エンタメ

    松田美由紀、心筋梗塞で入院 先週救急搬送も命に別条なし

    女優の松田美由紀(57)が心筋梗塞を発症し、入院中であることが24日…

  2. エンタメ

    貫地谷しほり、一般男性と結婚「どんな時でも私の味方でいてくれる、安心感を与えてくれる人」

    女優の貫地谷しほり(33)が24日、所属事務所を通じて今月に一般男性…

  3. エンタメ

    『アナと雪の女王2』あらすじ・キャスト・吹替声優【10月1日更新】

    日本で空前の“アナ雪”ブームが巻き起こり、社会現象を巻き起こした『ア…

  4. エンタメ

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

    少ない登場回数ながらも、またもやしっかりと爪痕を残したようだ。女優の…

  5. エンタメ

    浜辺美波、映画化「約束のネバーランド」主演決定「“原作愛”で迷い乗り越え演じることができた」

    女優の浜辺美波(19)が、映画「約束のネバーランド」(平川雄一朗監督…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    五輪マラソン、男女同じ日に 札幌開催前提に国際陸連など2案
  2. エンタメ

    カトパンとEXILE NAOTOが交際宣言
  3. スポーツ

    完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応
  4. オリジナル

    【ドキュメント】古生物学者、犯罪捜査に革命を起こす
  5. オリジナル

    【小島健輔】ZOZOを買うべきは「オンワード樫山」だった
PAGE TOP