スポーツ

DeNA筒香「メジャー挑戦を決めました」 ポスティングでのMLB移籍を正式表明

イチロー氏や松井秀喜氏を見て「メジャーに憧れ」、代理人は前田&ダルビッシュと同じ大手「ワッサーマン」

 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手が29日、横浜市内のホテルで会見を開き、ポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指すと表明した。筒香は晴れ晴れとした表情で会見場に姿を現すと、第一声で「私、筒香嘉智は、ポスティングシステムにてメジャーリーグ挑戦することを決めました」と話した。


 さらに「快くポスティングを認めてくださった横浜DeNAベイスターズの関係者の皆様に心より感謝申し上げます。出身の和歌山から、横浜高校に入学して3年、ベイスターズに入団して10年、人生の約半分をこの横浜の地で過ごすことができました。優勝はできませんでしたが、クライマックスシリーズ3度、日本シリーズを1度経験することができました。プロに入って、結果が出ず悔しい思いをしたり焦った時期もありましたが、5年目からレギュラーとして試合に出ることができました。プロに入って、いい時も悪い時も、ファンの皆さんの温かいご声援があったから今の自分があると思います。今日はファンの皆さんに御礼をお伝えしたく会見を開かせていただきました。10年間、本当にありがとうございました。アメリカに挑戦することに決めましたが、僕自身、横浜DeNAベイスターズを遠くから心から応援しています。本日は本当にありがとうございました」と語った筒香。メジャー移籍を決めた理由については「一番はイチローさんや松井秀喜さんのプレーする姿を小さい頃にテレビで拝見し、だんだんとメジャーリーグへの憧れが強くなりました」と明かした。

 筒香は子供の頃からメジャー挑戦を視野に入れており、昨オフの契約公開交渉の場でポスティングシステムを利用したメジャー移籍を容認してくれるよう球団に求めていた。チームがクライマックスシリーズ1stステージでの敗退が決まった10月7日に、三原一晃球団代表が「小さい時からの夢であるメジャーリーグに挑戦したいという気持ちを叶えてあげたいということで決定に至りました」とポスティングを認めることを明かしていた。

 和歌山県出身の筒香は、強豪・横浜高に進学。スラッガーとして頭角を現し、高校通算69本塁打の成績を引っさげ、2009年ドラフト1位で横浜入りした。2010年に1軍デビューを果たすと、2014年からレギュラーに定着。ここまでプロ10年で通算打率.285、205本塁打、613打点の成績を残している。

 すでに代理人は前田健太投手やダルビッシュ有投手、八村塁選手と同じ大手代理人事務所の「ワッサーマン」に決定。今後正式なポスティング申請を経て、メジャー移籍に向けての交渉を始める。

チュート徳井、日テレからも消える…TBS、フジに続き当面出演見合わせ発表前のページ

文科相、「身の丈受験」発言撤回 英語の民間試験巡り次のページ

関連記事

  1. スポーツ

    五輪マラソン、男女同じ日に 札幌開催前提に国際陸連など2案

    競歩も含め3日で5種目 2020年東京五輪のマラソン、競歩を暑さ対策…

  2. スポーツ

    ネイマールが自身の荒い気性を問題視「怒って爆発してしまう」

    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールが、自身が怒りで爆発す…

  3. スポーツ

    ウルグアイ選手、酔って店員に暴行か ラグビーW杯代表

     ラグビー・ワールドカップ(W杯)で熊本市で13日に試合をしたウルグ…

  4. スポーツ

    貴ノ富士、会見を強行した理由「親方に相談しても『引退しろ』としか言われなかった」

    付け人に対し2度の暴行問題を起こした十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=…

  5. スポーツ

    ウェールズ-豪州戦で照明消える、再点灯せず終了

    <ラグビーW杯:ウェールズ29-25オーストラリア>◇29日◇味の素…

  6. スポーツ

    清原氏「薬物後遺症も」希望は野球/インタビュー1

    僕にはやっぱり野球しかない。覚せい剤取締法違反で有罪になり、執行猶予…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. エンタメ

    成宮寛貴氏 芸能界復帰報道を否定「ありがたいなと思いながら、あれはフェイク」
  2. ニュース

    ボクシング判定、新システム検討 IOC主導で
  3. ニュース

    河井法相が辞表提出 妻陣営の公選法違反疑惑で
  4. スポーツ

    名古屋が風間監督の退任発表!後任は大幅方針転換でフィッカデンティ監督
  5. オリジナル

    【大迫傑】僕が日本を飛び出して「世界」で戦う理由
PAGE TOP