ニュース

首里城焼失「計り知れない損失」 関係者ら悲痛

 「沖縄のシンボル」である首里城の正殿などの焼失に関係者は言葉を失った。

 太平洋戦争末期の沖縄戦(1945年)で灰燼(かいじん)に帰した首里城。89年から始まった復元に関わった高良倉吉(たからくらよし)・琉球大名誉教授(72)は31日午前4時ごろ、共に復元に取り組んだメンバーからの電話で出火を知った。那覇市の自宅から見える赤々と燃え上がる炎を「信じられない」とぼうぜんと見つめた。

 沖縄戦で多くの資料が失われた中、関係者が調査や研究を重ねて、正殿復元では建物内部の構造も琉球王国時代を忠実に再現。「完全木造で琉球王国で使用された往時にかなり近づけた」と自負する。北殿は資料散逸で内部まで再現できなかったが、沖縄の歴史に触れられる資料館として「他県にはない沖縄の歴史的象徴」をよみがえらせた。

 今年2月に新エリアが開園し、復元プロジェクトが完了したばかり。突然の火災に「事態を理解しかねている」と口は重かった。

 首里城では2000年の九州・沖縄サミット(主要国首脳会議)で夕食会が開かれた。開催時の知事だった稲嶺恵一さん(86)は「沖縄戦で焼け野原となった沖縄の復興を世界の首脳に見せた首里城はサミットの主役だった。多くの人が心血を注いで復元した城が一瞬で失われてしまいあぜんとしている」と残念がった。自宅には早朝、サミットの沖縄開催を決めた首相、故・小渕恵三氏の妻から見舞いの電話があったという。

 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)の田名真之(だなまさゆき)館長(68)も「ショックです。皆がぼうぜん自失でしょう」と驚きを隠せない。「首里城は日中に学んだ琉球独自の建築物。資料が乏しい中で多く人の英知を結集し、試行錯誤しながら復元した。それだけに計り知れない損失だ」と語った。

 建物の焼失に加え、首里城に収蔵されていた美術品などの文化財はどうなったのか。心配は募るばかりだが「正殿、北殿などはこれから文化的評価を受けるはずだった。まだ混乱しているが、どう立て直すか考えていきたい」と必死に前を向いた。【中里顕、柿崎誠】

関連記事

  1. ニュース

    英EU離脱また迷走=ジョンソン首相、メイ氏と同じ轍も

     【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)離脱が再び迷走を始めた。…

  2. ニュース

    いずれ議論不可避 消費税の「段階的増税論」とは

     10月1日、消費税率が8%から10%へ引き上げられた。10%超への…

  3. ニュース

    ドル上昇、米中通商合意巡る期待で=NY市場

    [ニューヨーク 25日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ド…

  4. ニュース

    「レンタルなんもしない人」が1回1万円の有料化 本人が語る“理由とお客の反応”

     9月に放送された『ザ・ノンフィクション』(フジ系)で話題を集めた「…

  5. ニュース

    台風死者、12都県80人に 住宅被害、5万6千棟超

     甚大な被害をもたらした台風19号の影響で20日、新たに1人の遺体が…

  6. ニュース

    トランプ一族、ワシントンDCホテルのライセンス売却検討

    [ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領の一族が経営す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ニュース

    いずれ議論不可避 消費税の「段階的増税論」とは
  2. スポーツ

    西武大石に戦力外通告、10年ドラフトで6球団競合の右腕「野球続けるつもりない」
  3. エンタメ

    TBS「ビビット」4年半で幕 全1162回 国分「この経験を生かし、突っ走ってい…
  4. オリジナル

    【スライド解説】解約1000円に。「スマホ新料金」を整理しよう
  5. スポーツ

    8敗目ダルビッシュ、試合後大荒れ 「人生で最悪。きょうは勝たなきゃいけなかった」…
PAGE TOP